HOME » 今検討するならココだ!神奈川のバイク買取業者

今検討するならココだ!神奈川のバイク買取業者

神奈川のバイク乗り必見!県内のバイク買取業者

バイクの買取と一言に言っても、その特徴は様々だ。バイクの販売業務の一環でやっている場合もあるし、買取専門の業者もある。

どっちがいいかは一概には言えないが、ひとつだけわかることがある。

それは、その店の特徴や強みをしっかり調べて、自分にマッチしている業者を選ぶことだ。

このカテゴリーでは、神奈川でオススメのバイク買取業者の特徴や強み、口コミでの評判、企業情報を紹介するぜ!

どんな業者にバイク買取を依頼すべきか

バイクを愛する者であれば、大切に乗ってきた車体はできるだけ高い価格で売りたいものだ。乗り換えるために中古のバイクを買うときも、できれば前の持ち主が大事に乗っていたバイクが断然いい。

俺はバイクを愛する者に悪いやつはいないと思っている。が、しかし、買取店の中にはバイクの状態に見合わない査定をし、品質と釣り合わない価格で売買している業者が紛れていることも事実だ。

バイクは決して安い買い物ではない。知っておくとバイクの買取店選びのときに絶対に役に立つチェックポイントを2点教えるぜ!

バイク買取店選びのポイント1:自動車公正取引協議会に加盟している

自動車公正取引協議会とは国内の自動車取引業者によって成り立っている団体だ。車やバイクを購入する際の車体の価格や品質について、公正な情報を俺たちに提供してくれている。さらに業者が勝手に本来の価格を大きく上回るような料金表示をしないよう禁じてもいるんだ。

バイクを売買するときにもこの自動車公正取引協議会に加盟している業者であれば信用できる。加盟店では協議会で決められている「公正競争規約」に則った査定がされているため、バイクの実態とかけ離れた査定・価格設定にはされないからだ!

バイク買取店選びのポイント2:品質査定士が在籍している

品質査定士とは、自動車公正取引協議会に加盟している販売店・買取店に在籍し、整備士か、店舗の責任者がそれ同等の能力を持っていると認めた人のうち、二輪品質評価者講習会を受講した人に与えられる資格のことだ。

この資格を持っているスタッフであれば、自動車公正取引協議会の「二輪自動車公正競争規約」に沿って査定をしてくれる上に、市場価格を鑑みた査定価格を設定し、さらに品質査定書も発行してくれる。

つまり、品質査定士のいる店舗であれば、協議会が取り決めた「品質評価書」によってバイクの品質を客観的に確認してもらえるうえに、より信頼の措けるバイクの売却や購入ができるってわけだ!

この2つの条件をクリアしているかどうかは、自動車公正取引協議会HPから会員検索システムで調べられる。だから、バイクの査定を考えているなら、事前にこの条件をクリアしているかどうか、調べておいた方が無難だ。また、店舗に出向いて、店内をよく見まわしてみてもいいだろう。

自動車公正取引協議会に加盟していれば「会員店」と書かれたステッカーが、品質査定士がその店舗に在籍していれば、「在籍店」と書かれた二輪品質評価者在籍店のステッカーが貼ってあるはずだ!

神奈川県内で条件をクリアしてるバイク買取店は?

神奈川県内で、「自動車公正取引協議会に加盟」し、かつ「品質査定士が在籍」している業者には、U-MEDIAとレッドバロンが挙げられる。この2社は安心して取引のできるおすすめの業者だぜ!

ただ、バイクの売買業者は業者や店舗ごとに色がある。取り扱っているバイクの種類やデザインの傾向、店舗数や創業年数だって違っている。もちろんサービスだって異なっているから、自分の売りたいバイク買いたいバイクに合わせて選ぶといい。

U-MEDIA(ユーメディア)

U-MEDIAのサイトキャプチャ神奈川県内に24店舗を構え、創業45年を超える老舗のバイク販売店。地域密着なうえに、ここまで長い間営業しているってことは、それだけ支持される理由があるってことだ。

買取はもちろん、下取り対応も可能で、事故車・カスタム車でも嫌な顔せず買取してくれるし、国内・海外問わず、様々なメーカーを取り扱っているから、ライダーひとりひとりに合ったアドバイスをしてくれるぜ。

神奈川でおすすめのバイク買取店
U-MEDIAにバイク査定を依頼する

電話査定で提示された
査定額
900,000円
下取りの可否 可能
神奈川県内の店舗数 24店舗
神奈川県内の
主な店舗所在地
ユーメディア湘南:神奈川県茅ヶ崎市中島255
ユーメディア横浜新山下:神奈川県横浜市中区新山下1-17-39-2F
ユーメディア横浜青葉:神奈川県横浜市青葉区荏田町344-1
ユーメディア横浜戸塚:神奈川県横浜市戸塚区前田町15-6
ユーメディア相模原:神奈川県相模原市南区鵜野森1-9-15
ユーメディア川崎:川崎市幸区南加瀬5-4-1
ユーメディア厚木:神奈川県厚木市恩名1-10-1
ユーメディア小田原:神奈川県小田原市浜町1-4-23
創業年 1961年

U-MEDIAの評判を詳しく知りたい人はこちら>>

レッドバロン

レッドバロンのサイトキャプチャ第一次世界大戦で活躍した、ドイツ空軍のパイロット「マンフレート・フォン・リヒトホーフェン」の異名をその名に掲げる、全国展開の大手有名バイク販売店だ。バイク乗りなら、少なくとも名前は知ってるよな?

買取業者から提示された金額より、高く買い取るサービスを行っているから、以前よりお得な買取をしてくれるように感じるぜ。

神奈川でおすすめのバイク買取店
レッドバロンにバイク査定を依頼する

電話査定で提示された
査定額
800,000円
下取りの可否 可能
神奈川県内の店舗数 20店舗
神奈川県内の
主な店舗所在地
レッドバロン川崎本店:川崎市高津区下作延2-30-15
レッドバロン新横浜:横浜市神奈川区三ツ沢上町30-14
レッドバロン横浜旭:横浜市旭区都岡町43-3
レッドバロン磯子:横浜市磯子区磯子1-1-11
レッドバロン神奈川:相模原市中央区中央2-13-6
レッドバロン厚木:厚木市三田南3-1-7
レッドバロン横須賀:横須賀市衣笠町39-1
レッドバロン茅ヶ崎:茅ヶ崎市今宿899-1
レッドバロン平塚:平塚市田村6-21-16
創業年 1972年

レッドバロンの評判を詳しく知りたい人はこちら>>

その他、神奈川県内でバイク買取可能な店舗

バイク王

バイク王のサイトキャプチャ有名タレントやアニメの登場人物をCMキャラクターに抜擢し、全国展開している、言わずと知れたバイク買取業者のトップカンパニーだ。

近年では、買取だけでなく、仕入れたバイクを自社で修理・整備して、中古車として販売したりしているようだ。

神奈川でおすすめのバイク買取店
バイク王にバイク査定を依頼する

電話査定で提示された
査定額
750,000円
下取りの可否 可能
神奈川県内の店舗数 4店舗
神奈川県内の
主な店舗所在地
相模大野店:神奈川県相模原市南区上鶴間本町9-46-17
平塚店:神奈川県平塚市田村5-4-21
横浜上郷店:神奈川県横浜市栄区上郷町152-1
青葉店:神奈川県横浜市青葉区もえぎ野1-9
創業年 1994年

バイク王の評判を詳しく知りたい人はこちら>>

バイクパッション

バイクパッションのサイトキャプチャ屋号と同じ名を持つお笑い芸人をPRキャラクターに据えており、事故車や不動車などを積極的に買取してくれる注目の一社だ。

創業2005年と若い会社ながら年間約5,000台の買取実績があり、北海道と沖縄を除いた全国に無料出張査定をしてくれる。スタッフさんはマナー講習も受けているからか、雰囲気が良い印象があるな。

神奈川でおすすめのバイク買取店
バイクパッションにバイク査定を依頼する

電話査定で提示された
査定額
800,000円
下取りの可否 可能
神奈川県内の店舗数 1店舗
神奈川県内の
主な店舗所在地
横浜本店:神奈川県横浜市泉区下飯田町681
創業年 2005年

バイクパッションの評判を詳しく知りたい人はこちら>>

ラッキーオート

ラッキーオートのサイトキャプチャ小規模なバイク買取業者。しかし、不動車や事故車、キーを紛失した車両なんかでも買取してくれるから、困った時は助かるぜ。

また、バイク買取後の名義変更や廃車抹消登録なんかの面倒くさい手続きを、手数料なしで代行してくれる。手続き完了後に歯医者証明書のコピーを郵送してくれるぞ。

神奈川でおすすめのバイク買取店
ラッキーオートにバイク査定を依頼する

電話査定で提示された
査定額
800,000円
下取りの可否 不可
神奈川県内の店舗数 1店舗
神奈川県内の
主な店舗所在地
本店:神奈川県横浜市神奈川区菅田町2321
創業年 公式サイトに記載なし

ラッキーオートの評判を詳しく知りたい人はこちら>>

バイクブーン

バイクブーンのサイトキャプチャ旧車やハーレー、カスタム車両、ほかにも、ターボやスーパーチェージャー、トライク、サイドカーなど「付加価値」のあるバイクの高額買取を積極的にしている業者だ。

もちろん、ノーマル車や一般的な車種も買取してくれるから安心して見積もりに出すことができるぜ。

神奈川でおすすめのバイク買取店
バイクブーンにバイク査定を依頼する

電話査定で提示された
査定額
800,000円
下取りの可否 不可
神奈川県内の店舗数 1店舗
神奈川県内の
主な店舗所在地
横浜支店:神奈川県横浜市栄区小菅ヶ谷1-4-4
創業年 公式サイトに記載なし

バイクブーンの評判を詳しく知りたい人はこちら>>

YSP

YSPのサイトキャプチャヤマハ車を専門に扱う正規販売店のグループだ。ちなみに、YSPは、YAMAHA SPORTS PLAZAの略。

我らが神奈川には6店舗あり、全国には90店舗以上ある。下取りや買取に全国統一基準の査定システムが導入されているから、複数の店舗で見積もりしなくても良い。

神奈川でおすすめのバイク買取店
YSPにバイク査定を依頼する

電話査定で提示された
査定額
電話査定不可
下取りの可否 可能
神奈川県内の店舗数 6店舗
神奈川県内の
主な店舗所在地
YSP川崎中央:神奈川県川崎市中原区井田中ノ町17-19
YSP相模原中央:神奈川県相模原市中央区東淵野辺4-1-25
YSP横浜南:神奈川県横浜市南区南太田2-6-20
YSP横浜戸塚:神奈川県横浜市戸塚区原宿2-14-1
YSP大和:神奈川県大和市深見西4-1-1
YSP茅ヶ崎:神奈川県茅ケ崎市本村1-3-5
創業年 公式サイトに記載なし

YSPの評判を詳しく知りたい人はこちら>>

サカイオート

サカイオートのサイトキャプチャ買取業者というより、旧車とビッグスクーターを得意としているカスタムショップと言った方が良い店だ。

基本的にジャンルを問わず買取対応しているから、事故車や不動車でも安心して見積もりしてもらえるぜ。

神奈川でおすすめのバイク買取店
サカイオートにバイク査定を依頼する

電話査定で提示された
査定額
350,000円
下取りの可否 可能
神奈川県内の店舗数 2店舗
神奈川県内の
主な店舗所在地
本店:神奈川県横浜市泉区和泉が丘2-23-15
2号店:神奈川県横浜市泉区下飯田町734-2
創業年 2004年

サカイオートの評判を詳しく知りたい人はこちら>>

輸入バイク高額買取のポイントと神奈川の買取事例を紹介

バイク愛さえあれば、自然と高額査定になる方法を伝授しよう。 手っ取り早い方法ではないが、面倒ではないため知っておくとよいだろう。
また、合わせて神奈川県で活躍するバイク買取業者の具体的な事例を少し紹介していくぞ。

高額査定のポイントは「類は友を呼ぶ」だ!

君は何故、そのバイクを乗っているのか? 多くのバイク乗りは「カッコイイから」と答えるのではないだろうか。

では、具体的に何処がカッコイイのか?をよく考えてほしい。そして、そのカッコイイと思っているパーツなりを小まめにメンテナンスしてほしい。何故なら…未来のバイクオーナーも同じ場所をカッコイイと感じて購入する可能性が高いからだ。 (見出しに記載したポイントである、「類は友を呼ぶ」の真意はここのことだ!)

買取業者も、その場所が、そのパーツが…要因で高い人気を得ているバイクと理解しているから、重点的にチェックをしていくわけだ。「綺麗な状態」と判断されれば高額査定を期待することができる。ということで、バイク愛があれば自然と高額査定を勝ち取ることになるわけだ。

バイクに対する愛があれば、メンテナンスという作業は「愛情を注ぐ大切な大切な時間」だからな。

ここで1つ具体例を挙げてみよう。

「ボンネビルT100」といえば、クロームメッキが特徴のバイクであり、このクロームメッキがボンネビルT100の価値を決めるといってもよい。バイクオーナーとして、ここがカッコイイと感じて購入をすると言い換えることができるよな。

つまり、外観としてクロームメッキに傷、凹みなどがあって状態が悪いと、一気に価値を下げてしまうことになるわけだ。

U-MEDIAの買取事例(販売価格)

U-MEDIAは、主要メーカーであれば専門店が存在する強みがある。専門店のメリットは何と言っても、コアなバイクが見つかる可能性もあるということだ。そして、得意としているだけあって、高額査定も期待ができるぞ。

ハーレー・ダビッドソンやドゥカティなどを売りたいのであれば、筆頭候補に入れたい業者だ。

車種 FLHXS1690
年式 2015年
走行距離 3,137km
排気量 1,690cc
グレー
販売価格 2,100,000円(税抜き)
車種 スクランブラーイタリア
年式 2016年
走行距離 2090km
排気量 803cc
販売価格 1,249,000円(税抜き)

レッドバロンの買取事例(販売価格)

全国展開している業者だけあって、やはり安定した査定額になる。 ただし、昔から「査定額が安い」というレッテル張りがあることも事実だ。(現在は、このレッテル張りを取るため、高額査定を出すよう努力しているようだが)

車種 Scrambler Icon Yellow ('17JP)
年式 2015年
販売価格 986,120円(税抜き)

バイク王の買取事例(販売価格)

レッドバロン同様、全国展開をしている強みを生かした、安定した査定額になる。 査定額の相見積もりをする場合、1つの基準点として査定だけを依頼するのも手かもしれないぞ。

車種 K1600GTL
年式 2011年
走行距離 17,460km
排気量 1,600cc
シルバー
販売価格 1,479,630円(税抜き)

バイク買取に必要な手続き

もはや今さらかもしれないが、これからバイクを買い取ってもらおうと考えているライダー諸志には、改めて、買取・売却時の手続きについて説明するぜ。

バイクを売却・買い替えの際、ただ車体を買取店に持ち込めばいいってもんじゃない。手続きに必要な書類を事前に用意しておかなければならないんだ。しかもバイクの種類によって必要な書類も違うから気を付けてくれよ。

それと自賠責や車検が切れていないかも確認しておくといい。もし、車検が切れていたら新たに加入しなければならない。また、自賠責保険証明書をどこにしまったか覚えてないのなら、まずは車体の荷物入れから探してみることだ。

バイク売却の際に必要なもの

バイク買取を依頼する際には、バイク本体だけじゃなく、細かい手続きのための書類が必要だ。それは次の4点だ。

  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • 印鑑
  • 身分証明書

このうち、車検証は廃車手続きを終えていない251cc以上のバイクに限った話だ。手続きが完了していれば、自動車検査証返納証明書を提出しよう。

126cc~250cc以下のバイクは軽自動車届出済証が必要になる。これも廃車手続きが済んでいない場合の話で、済ませている場合は軽自動車届出済証返納済確認書と軽自動車届出済証返納証明書を提出しよう。

そして125cc以下のバイクは標識交付証明書が必要だ。バイクを登録した役所で再発行してもらえるので、紛失していたとしたら、一度問い合わせることをおすすめするぜ。

バイクの自賠責保険について

今後バイクに乗らないのであれば必要ないが、乗り換えのためのバイク買取を検討しているのであれば、自賠責保険への加入は義務であることを改めて覚えておいてほしい。もちろん、原付バイクであってもそれは変わらない。

ここで気をつけたいことが1つある。250cc以上のバイクであれば車検のときに自賠責保険に加入することになるのだが、250cc未満のバイクは自ら自賠責保険に加入するための手続きを済ませなければならないんだ。

加入していない場合の罰則は、たとえ事故を起こさなくても、1年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金が下る。加入していても証明書を持っていなかった場合でも、30万円以下の罰金が発生する。さらに、その場で運転免許停止処分が下り、違反点数は6点が付けられてしまう。繰り返しになるが必ず加入しよう。

愛車を手放して後悔しない!バイク買取業者を比較
愛車を手放して後悔しない!バイク買取業者比較