HOME » 俺の愛車はどうなんだ?メーカー別バイク買取の相場

俺の愛車はどうなんだ?メーカー別バイク買取の相場

このカテゴリでは、国内・海外メーカーのそれぞれの特色や人気車種について、メーカーごとに買取相場を紹介していこうと思う。

バイク買取の相場を国内・海外メーカーごとに紹介

バイクっていうのはメーカーによって個性があるからね。バイク好きの人なら今さら説明することもないかも知れんけど、詳しくない人や初心者向けに、俺なりの視点で情報をまとめてみた。買取相場も参考になると思うから、ぜひ読んでみてくれ。

ホンダ

言わずと知れた世界ナンバーワンのバイクメーカー。東南アジアでは「ホンダ=バイク」というように、バイクの代名詞となっているほどの人気があるんだ。そのラインアップも50ccから1800ccまで多岐に渡っており、品質の高さや乗りやすさは、まさに「世界のホンダ」と呼ぶにふさわしいね。

[ホンダをさらに詳しく]>>

カワサキ

国内4メーカーの中では、唯一スクーターを造っていなかった。もともと重工業が母体のメーカーでもある。無骨ながらも芯の通った雰囲気から「男カワサキ」というイメージが強く、熱狂的な固定ファンが多いのも特色だ。

[カワサキをさらに詳しく]>>

ヤマハ

ホンダとは永遠のライバル関係にある2番手。かつてはHY戦争という熾烈なシェア争いをしていたこともあるって知ってた?メーカー的な特色としては、デザイン性の高さと、ハンドリング性能に大きなこだわりがあるというのが挙げられる。

[ヤマハをさらに詳しく]>>

スズキ

世間的には軽自動車のメーカーだろうけど、バイクでは国内4メーカーの一角を担っている。また、カタナ、RG250γ、油冷エンジン、そして隼などは、バイク史を大きく動かすような開発を行ってきたのもスズキの大きな特徴。

[スズキをさらに詳しく]>>

ハーレー・ダビッドソン

知名度とブランド力では、国内4メーカーも凌ぐほどの存在感を放っている、「本物の」アメリカンスタイルのバイクメーカー。スポーツスター、水冷エンジンのVRSC、ダイナ、ソフテイル、ツーリングというのが大まかな分類で、それぞれに多彩な車種が存在。

[ハーレー・ダビッドソンをさらに詳しく]>>

ドゥカティ

90度のバンク角のLツインエンジンを用いた、スポーツタイプを手掛けるイタリアンメーカー。フェラーリと同じく、赤がシンボルマークだね。ネイキッド系のモンスターとフルカウルのスポーツ系、そして近年ではツアラーやモタードなども手掛けている。

[ドゥカティをさらに詳しく]>>

BMW

ホンダやスズキと同じく、2輪と4輪を手掛けるドイツの雄。かつては、ボクサーエンジン、シャフトドライブ、テレレバーというのが特色だったな。今は日本メーカーみたく、様々なバリエーションを生み出すようになってきているのが興味深いところ。

[BMWをさらに詳しく]>>

トライアンフ

イギリスのメーカーで、ハーレー、ドゥカティ、BMと比べるとややマイナーだけど、実は創業年は一番古いんだよ。また、かつては4輪メーカーでもあったらしいがな(現在は分社化)。トライアンフに乗ってるヤツは長年のバイクマニアと思うぜ!

[トライアンフをさらに詳しく]>>

愛車を手放して後悔しない!バイク買取業者を比較
愛車を手放して後悔しない!バイク買取業者比較