ホンダ

2輪界で君臨する世界のトップメーカーがホンダだ。人気の車種と買取相場を見てみるぞ。

世界のホンダ!人気バイクと買取相場

ホンダのバイクはオールマイティー

ホンダのバイクは、癖がなく運転しやすいのが特徴だ。その安定した走行性から、自動二輪の教習で使用するバイクや警察が使用する白バイにもホンダのバイクが採用されているんだぜ。

また、バランス力が高いのも大きな特徴だ。「乗り心地」「燃費」「利便性」「デザイン」などバランスがとれていて、劣っている部分を探すのが大変なくらい。毎日の通勤や通学、仲間とのツーリング、など様々な場面で活躍できるのがホンダのバイクだろう。

【こんな人におすすめ】

  • 運転技術に自信がない人
  • バランス力がとれているバイクを探している人
  • 通勤や通学に利用しようと思っている人

世界中で信頼されている高い耐久性

ホンダのバイクで特に注目してほしいのが、高い耐久性だ。どの車種も高い耐久性を誇っているのが、特にわかりやすいのは人気車種のスーパーカブだろう。

下記で紹介しているリトルカブは、スーパーカブのタイヤを小口怪化して、若者向けのデザインに変わったもので、スーパーカブの仲間になる。スーパーカブは、殴っても蹴っても壊れないと言われるほど高い耐久性があり、その信頼性の高さから発展途上国でも絶大の人気を誇っているんだぜ。

ホンダの人気車種と買取相場

このページでは、そんなホンダの人気車種と買取相場を紹介していくぜ。

リトルカブ
リトルカブ

U-MEDIA公式サイト(http://www.u-media.ne.jp/bike/detail.php?skanrino=937173)

リトルカブは、累計生産台数が1億台を超えたスパーカブを、おしゃれにドレスアップしたモデルだ。1997年の発売された当時「普通のスクーターでは嫌だ」という個性的でおしゃれな連中に、けっこう人気が高かったのを覚えている。
買取相場 35,000円~133,000円
PCX125
PCX125

U-MEDIA公式サイト(http://www.u-media.ne.jp/info/detail.php?bid=19833)

4スト125スクーターの中でも、デザイン性に重きをおいた一台だ。洗練されたスタイルはもちろんだが、見た目が一般的な125スクーターより大きく見えるのが人気の理由のようだぜ。
買取相場 157,000円~233,000円
ホーネット250
ホーネット250

U-MEDIA公式サイト(http://www.u-media.ne.jp/bike/detail.php?skanrino=952089)

1996年発売の250cc直4ネイキッドだ。発売当時は、250ccなのにリアタイヤが180サイズってところがインパクト大だったんだ。だって、当時は180タイヤといったら1000ccクラスが履いてたサイズ。右側のアップマフラーが洒落てるんだよな。
買取相場 261,000円~435,000円
VTR250
VTR250

U-MEDIA公式サイト(http://www.u-media.ne.jp/bike/detail.php?skanrino=889757)

1998年発売の250ccVツイン。これは80年代よりホンダが造り続けているVTシリーズの血統だ。2007年に一旦生産終了になったんだが、2009年に再販になって、ビキニカウル付のFが追加されたんだ。
買取相場 103,000円~355,000円
CBR250R
CBR250R

U-MEDIA公式サイト(http://www.u-media.ne.jp/bike/detail.php?skanrino=962449)

2011年発売。250ccクラスで久々のフルカウルモデルだった。ただ、CBRなのに単気筒っていう違和感はあったんだけどな(苦笑)。まあ、免許を取ったばかりの若い人にも乗りやすいってのは、さすがホンダって感じだな。
買取相場 210,000円~28,000円
CB400SF
CB400SF

U-MEDIA公式サイト(http://www.u-media.ne.jp/bike/detail.php?skanrino=959419)

1992年に初登場。四半世紀近く前の一品だ。400cc直4ネイキッドの代名詞で、教習車としてもお馴染みだぜ。NC31、NC39、NC42と、型式ごとに相場が違うから、その点をしっかり踏まえておくといいぜ。
買取相場 NC31:131,000円~295,000円
NC39:171,000円~437,000円
NC42:349,000円~511,000円
CBR600RR
CBR600RR

U-MEDIA公式サイト(http://www.u-media.ne.jp/bike/detail.php?skanrino=925438)

2003年に初登場した時は衝撃的だった。それこそ、レーサーRC211Vとそっくりなデザインだからな。このマシンのおかげで600が見直されたんだ。国内の免許制度の関係で、国内仕様の生産が終了したことが残念で仕方ないぜ。
買取相場 343,000円~796,000円
CBR1000RR
CBR1000RR

U-MEDIA公式サイト(http://www.u-media.ne.jp/bike/detail.php?skanrino=921624)

600RRに続いて2004年に登場したやつだ。以来、ホンダのスパースポーツの最高峰に君臨しているレーシングテクノロジーの結晶が詰まっている機体だ。
買取相場 SC57:479,000円~1,071,000円
CB1300SF
CB1300SF

U-MEDIA公式サイト(http://www.u-media.ne.jp/bike/detail.php?skanrino=940481)

1998年に初代SC40型が登場し、2003年にSC54型が登場したホンダの大型バイクを代表するモデル。こいつも型式別に相場が違うから注意が必要だぜ。
買取相場 SC40:230,000円~470,000円
SC54:47,7000円~731,000円

ホンダを扱っているバイク買取店はココだぜッ!>>

ホンダの買取傾向をチェック

ホンダのバイクは、タフで壊れにくいということもあり、国内需要だけではなく海外需要も高い傾向があるんだ。他のメーカーのバイクなら、5万キロ以上の距離を走っていて傷や錆が多いと、あまり高額査定は期待できないだろう。

しかしホンダのバイクは、高い耐久性があるから、状態が悪いバイクでも高価買取をしてくれるんだぜ。

ホンダのバイク買取は大手がおすすめ

ホンダには、「ホンダドリーム」「ホンダウイング」「ホンダプロス」という専門店がある。専門店だから、これらの店に持っていけば高く買い取ってくれると思っている人が多いが、実はそれは大きな間違いだから気をつけてほしい。買取手続きはスムーズに行えるが、実は買取価格は安めなんだ。

専門店よりも高価買取を期待できるのは、大手の買取業者だ。海外需要が高いホンダのバイクは、海外の販売ルートを持っている大手の買取業者のほうが高価買取してくれるんだぜ。

愛車を手放して後悔しない!バイク買取業者を比較
愛車を手放して後悔しない!バイク買取業者比較