ヤマハ

独自のデザインがきらりと光るヤマハの人気車種、そして買取相場を調べてみたぜ。

ホンダのライバル!ヤマハの人気バイクとその買取相場

ヤマハと言えば、楽器メーカーから分離したのもはるか昔の話だよな。ホンダとは永遠のライバル関係と言え、デザイン性やハンドリング性能に強みを持っているのが大きな特色だ。

国内2位の実力~ヤマハの特徴とは~

多彩なラインナップを揃えているヤマハのバイクには、国内で人気の高い車種も多くあるぞ。

人気車種に共通している部分は、どれもスタイリッシュで美しいデザインを持っているという点だ。これこそヤマハ最大の特徴だよな。ヤマハのデザイン性は非常に優れていることから、多くのファンがつくようになったのさ。

あと、バイクの性能も最高だから、高い人気を維持していてもおかしいことなんて何もない、まさに文句なしだよな。

ヤマハの人気車種~オフロードバイクの歴史~

ヤマハといえば楽器のイメージが強い人も多いよな。だけど、ヤマハは半世紀以上も前からずっとバイクを作り続けている、バイク愛に溢れる企業なんだぜ。

1955年には赤とんぼ(YAI)を販売したのをバイク好きならきっと知ってるはずさ。この赤とんぼは、当時のヤマハ初の量産モデルとなった歴史あるバイクなんだ。

戦後10年とまだ日本が復興したばかりの頃から精力的にバイク作りに励んできたヤマハは、ホンダのライバルとして常にトップクラスのバイクを作り続けてきた。日本のバイクレースにも積極的に参加して、ホンダをさしおき優勝するという輝かしい功績もあるんだぜ。

幅広いユーザーに向けた革新的なバイク開発

ヤマハが3輪オートバイを販売し大きな話題を呼んだのはまだ最近の話だ。この3輪オートバイは、幅広いユーザーに向け開発された革新的なバイクなんだぜ。前輪が2つあるから、ブレーキもめちゃくちゃ効きやすくて危険回避の性能が高いという点が特徴的だ。

あと、凹凸のある路面でも、前輪のタイヤ1つ1つにサスペンション機能があるから安定して走ることができる安全設計になってるぞ。雨降りのカーブでもグリップ力の高さから安心して走行することができるぜ。

実用性、デザイン性この両方が優れているバイクなんて他にはないぞ。これからも需要が高くなるはずだから、バイク買取価格も安定すると予測できるぜ。

ヤマハの人気車種と買取相場

このページでは、そんなヤマハの人気車種と買取相場を紹介していくぜ。

JOG
JOG

U-MEDIA公式サイト(http://www.u-media.ne.jp/bike/detail.php?skanrino=741966)

ヤマハの50ccスクーターの代名詞とも言える存在だぜ。もちろん年代ごとに違うんだけど、現在の買取市場で主流なのは、2007年発売のSA36J / SA39Jタイプとのことだ。
買取相場 29,000円~141,000円
BW'S125
BW'S125

U-MEDIA公式サイト(http://www.u-media.ne.jp/info/detail.php?bid=20662)

2眼式ヘッドライトで人気だったBW'Sの50/100の後継モデルとして、4スト125ccとなって2008年に登場した台湾ヤマハが製造するモデルだ。デザインもちょいワルになったよな(笑)。

買取相場 71,000円~181,000円
セロー225W/250
セロー225W/250

U-MEDIA公式サイト(http://www.u-media.ne.jp/bike/detail.php?skanrino=962209)

初登場は1985年。SRとV-MAXとともに、ヤマハロングセラー御三家の1つだよなッ!初心者で足つきの不安なライダーにもオフロードの楽しさを与えてくれるというのは画期的だったぜ。
買取相場 225W:90,000円~170,000円<
/> 250:240,000円~370,000円
マジェスティ250C
現在まで続くビッグスクーターというジャンルを確立し、牽引してきたモデルだ。現在買取の主流になっているのは2002年以降のSG03J型だぜ。
買取相場 90,000円~230,000円
SR400
SR400

U-MEDIA公式サイト(http://www.u-media.ne.jp/info/detail.php?bid=19625)

初登場は何と1978年だってよ。シンプルなスタイルと空冷単気筒が、未だに支持されているってのは驚きだぜ。買取の主流となっているのは2001年以降の3代目モデルとのこと。
買取相場 2001年式以降:130,000円~310,000円
XJR400/400R
XJR400/400R

U-MEDIA公式サイト(http://www.u-media.ne.jp/bike/detail.php?skanrino=908058)

デビューは1993年。ホンダCB400SFとカワサキ・ゼファー400のライバル車として登場したぜ。大型バイクにも匹敵する上質な質感(特に400R)などもあり、ライバル2車に匹敵する人気だったな。
買取相場 99,000円~537,000円
T-MAX
T-MAX

U-MEDIA公式サイト(http://www.u-media.ne.jp/bike/detail.php?skanrino=948761)

マジェスティに続き、ビッグスクーターの新境地を切り開いたモデルだ。外観、走行性ともスポーツ性を重視しているのがイカしているよな。買取のメインは2007年~2011年までのSJ08J型だ。
買取相場 SJ08J型:420,000円~630,000円
V-MAX
V-MAX

U-MEDIA公式サイト(http://www.u-media.ne.jp/service/shops/bike/bike/detail.php?skanrino=917430)

1985年のデビューはまさに衝撃だったぜ。1200ccV4ドラッグレーサースタイル。2008年にようやくモデルチェンジを果たしたが、新旧どちらも人気が高いのはスゴイことだよ!
買取相場 初期型:420,000円~710,000円
現行型:1,010,000円~1,550,000円
YZF-R1
YZF-R1

U-MEDIA公式サイト(http://www.u-media.ne.jp/info/detail.php?bid=15842)

1998年に初登場。1000ccスーパースポーツという概念が確立され、バイク史を転換させたモデルといっても過言ではない。ただし他の車種以上に、年式と走行距離によって価格差が大きいぜ。
買取相場 400,000円~1,06,000円

人気・不人気が分かれるヤマハの車種

ヤマハがバイクを製造し販売する度に、その車種がヒットするということは残念ながら今までなかったよな。当然他のメーカーでも同じことがいえるぞ。人気車種と不人気車種はどのメーカーでもあるものだからしょうがないよな。

だけど、中には発売して最初は不人気車種だったにも関わらず、中古になった途端人気車種になったっていうイレギュラーなバイクもあるんだぜ。つまり、何がいいたいかっていうと今乗っている車種が中古ではとても人気が高いバイクの可能性もあるってことさ。

中古で人気になっている車種は高く買い取ってもらえるから、バイクの買い替えを考えているなら、自分の乗っているバイクは人気があるかどうか、一度調べることをおすすめするぞ。

ヤマハを扱っているバイク買取店はココだぜッ!>>

愛車を手放して後悔しない!バイク買取業者を比較
愛車を手放して後悔しない!バイク買取業者比較