HOME » 俺がバイクを売ると決めた理由(ワケ) » 「手放すからには納得いくまで見てもらうぜ?」【査定編】

「手放すからには納得いくまで見てもらうぜ?」【査定編】

ここでは、バイク買取の一括査定サイトについての体験談や、情報なんかを紹介していくよ。ここでの語り手は、最近バイク仲間になったメガ君。有名大卒のインテリで大企業勤めなんだけど、バイクを通じて仲良くなっちゃって。

最近、バイク買取の一括査定サイトを利用したというんで、その顛末を語ってもらったよ。

バイク買取の一括査定サイトを、実際に利用してみると…

はじめまして、GUN BOYさんのお仲間に入れてもらったメガともうします。ハンドルネームの由来は勤め先がいわゆる3大メガ・・・・まあ小さな支店ですけど(汗)。

実は父もバイク乗りでして、なかでもドゥカティ党。そんな血を受け継いだのか、私も大型2輪免許取得後はドゥカティに乗るようになり、直近の愛車はモンスター1200Sでした。

U-MEDIA公式サイト(http://www.u-media.ne.jp/info/detail.php?bid=9310)

これはこれでいいバイクだったのですが、やはり若い(と言ってももう30代ですが…)うちにスーパースポーツの1199パニガーレに乗っておきたいと買い換えを決意しました。

一括査定に疑心暗鬼で…

それでモンスター1200Sの買取依頼をしようと、まずは一括査定サイトを利用しようと思いましたが、その噂は聞いていたので用心のため、ちょうど解約予定だった携帯の番号とメルアドで申し込んでみました。

そしたら、10分もたたないうちに電話とメールの営業攻勢が…。はじめは「やっぱスゲーな」とニヤついてましたが、そのうち笑ってられないくらいの激しさに。普段お金を貸し出す方の人間が、まるで借金取りに追われているような状態になり、冗談じゃないと、携帯の電源を切りました。

ほんと、解約予定のやつで試して正解でした。本来使っているのだったら解約しないとけなくなっていましたよ。

営業がきつすぎ…

気をとりなおして、ドゥカティからドゥカティへの乗り替えなのだから、なにも買取業者を利用しなくても、販売店に当たればいいじゃないかと思い直しました。

そこであらためてリサーチし、ドカティを扱っている販売店を数社あたってみることに。うち1社は、自社で販売した車両の顧客でないものには冷たいとの評判を聞いていて、そこまでひどくはないだろうと思ったら、その通りで50万という提示。少し金額が低いように感じました。また、査定もなんかいい加減に見えたような気がします。

一方もう1社は対応も丁寧で、査定もベテランの方が丁寧に見てくれ、85万円の査定を提示してくれました。これならと納得し、その場で下取りとパニガーレの購入手続きに進んだくらいです。

以上の通りバイク買取の一括査定サイトは、利用するなら、それなりの腹をくくる必要があります。一番高い値段をつけてくれる業者を比較して見つけられるというメリットは確かにありますが、その分毅然として対応するようにしてください。

やはり、買取にしろ下取りにしろ、実際の店舗にて査定してもらうのが一番だと、実体験を通じて学びました。

交渉次第で高額買取も!バイク買取査定のときに知っておきたい交渉のコツ

では今回の私の経験を踏まえて、買取査定を受ける際の交渉術をお教えします。 忙しい方だと一社で即断即決してしまいたくなるかもしれませんが、せっかく手をかけてきた愛車が安値で売り飛ばされるのは耐えがたいですよね。

うまく交渉すれば売値がググッと上がる可能性もありますから、ぜひ参考にしてください。

中古市場の相場を事前にリサーチ

まずは自分のバイクが今どれくらいの金額で売られているのか、インターネットで調べてみましょう。オークションサイトなども参考になります。

交渉のとき、情報は一番の武器になります。相場を知ることで、不当に安い価格で査定されていないかチェックできますし、とんちんかんな値段を言って「この人分かってないな」と甘く見られることもありません。

さらに、査定してもらう際にはまずこちらから希望価格を伝えると、交渉がスムーズにできます。買取業者にとって出すのが不可能でない金額を知る上でも、相場のリサーチは重要です。一般的には、中古市場の販売価格の20~30%くらいを引いた額が買取価格と言われていますので、希望額を出す時の参考にしてください。

もっとも、最初から安い金額を提示する必要は全くありませんから、「大体これくらいかな」と思う額より多少上乗せして希望価格を提示すると良いでしょう。

複数社に競合させよう

事前のリサーチが済んだら、いよいよ査定をしてもらいましょう。

私のように一括査定を依頼して対応に追われるのが嫌な方は、ネットや知り合いの評判を頼りに業者を選定すると良いでしょう。

このとき、最低でも3社からは相見積もりをしてもらうことをお勧めします。

やはり複数社に聞いてみないと自分のバイクの妥当な価値は分かりづらいものですし、他社の存在をちらつかせることで競い合って金額を上げてもらうことも見込めるからです。

自分と相性の良い査定士に会える確率も高くなりますからね。2回、3回と交渉を重ねるうちに、自分の交渉スキルもアップできるでしょう。

1回で即決はNGです!

さて、それから実際に査定してもらって交渉に入るわけですが、最初に提示された額で買取に応じるのは避けた方が賢明です。

相手も商売ですから、いくら親切な業者でもできるだけ安く買おうとするのは当然のこと。ですから、最初に提示された金額は自分のバイクの最低価格だと思って良いでしょう。

「この金額では無理です」ときっぱり断ったうえで、あらかじめ決めておいた希望価格を提示しましょう。

希望価格をそのまま飲んでもらうことはおそらく難しいと思いますが、徐々に金額を上げて提案されるはず。「これが精一杯です」と言われるまでは交渉を続けるべきです

それでも納得のいく価格にならなかった場合、次の業者との交渉に臨みます。

「A社さんは〇円まで出すって言っていましたよ」と他社の金額を引き合いに出せば、次はより有利に交渉を進めることができます。

本当に買い取ってもらいたい本命の業者がある場合、その業者は2番目以降にアポイントを取った方が良いかもしれませんね。

そうして、最終的に一番高値を引き出せた時に売れば良いのです。

食い下がられるのは、あなたの愛車に価値がある証拠

中にはしつこく粘ってくる業者もいてうんざりしてしまうこともあるかもしれません。

しかし、それだけ熱心に交渉してくれるということは、あなたのバイクに価値があるという証拠でもあります。根負けせずに頑張れば、思わぬ高値で売れる可能性もあるのでチャンスですよ。

もし本当に迷ってしまった場合は「検討して後で連絡します」と言って、一度冷静になりましょう。

注意してほしいのは、変な断り方をしたり、横柄な態度を取り過ぎたりして相手に不快な思いをさせないことです。

買取業者だって人間ですから、嫌な客に特別サービスをしてあげようとは思いません。上手に保留して相手の心理を読むのも、うまい交渉のやり方ですよ。

愛車を手放して後悔しない!バイク買取業者を比較
愛車を手放して後悔しない!バイク買取業者比較