HOME » 俺がバイクを売ると決めた理由(ワケ) » 「愛車も大切、でも今は家族のために…」【現金買取り編】

「愛車も大切、でも今は家族のために…」【現金買取り編】

なんらかの事情で現金が必要になりバイクを買取りに出す場合の体験談や、情報なんかを紹介していくよ。語り手は管理人のバイク仲間の一人、マーベリックさん。ご家庭の事情で急遽、愛車を手放すことになったエピソードを話してくれたよ。泣く泣く、な…。

現金が必要となったので、バイクは買取業者に

どうも、GUN BOYさんから依頼されましたマーベリックです。ハンドルネームにピンときた方は、40代前後の方ですね(笑)。お察しの通り、トム・クルーズの映画『トップガン』での役名(正確にはパイロットとしてのコールサインです)が由来です。

そんなせいもありまして、GPZ900Rに憧れ、以来、カワサキ車を乗り継いできました。直近の愛車はNinja1000でした(本当はZX-14Rが良かったんですけど、予算の問題と自分の腕では性能を持て余すだろうと思い、自重した次第…)。

Ninja1000

U-MEDIA公式サイト(http://www.u-media.ne.jp/info/detail.php?bid=16598)

ZX-14R

U-MEDIA公式サイト(http://www.u-media.ne.jp/shop/info/detail.php?bid=24481)

もちろん長く乗るつもりだったんですが、急遽手放さなければならない事情ができてしまいまして…。

うれしいやら悲しいやら…バイクを手放し

実は、それこそ運試しくらいのつもりでまさかそうなるとはちっとも思っていなかったのですが、娘が有名私立女子中学に合格してしまいました。さすがに自家用車を手放す訳にはいかず…。あとは申し上げるまでもないですね。

さながら断腸の思いで、買取業者のリサーチを始めました。今回はご説明しました通り、他のバイクへの乗りかえではなく、現金が急に必要になったという理由でした。

なので、即金可のバイク買取業者を条件に探すことに。いくつか候補として絞りこんだ業者の口コミや評判などをチェックしてみたところ、とある大手はいかにもこっちの足元を見て、殿様商売だなという値付けだったので保留に。

大手は上から目線ですね…

他を探してみたところ、知名度はさほどでもなかったのですが、高額買取で評判の高い業者が気になりました。

試しにホームページ上で仮査定してみると、2015年式で5,000km以下の条件で90万円以上と出たので、依頼してみようという気になりました。

本査定は仕事で忙しく、家内もバイクは素人ですので土曜日に出張査定を依頼。当日は事前に「これから伺います」と電話連絡があり、好感が持てました。やってきたのは同年代と思われるスタッフさんで、バイクについてもいろいろ詳しく、この人なら信頼できそうと思えました。

そして、提示されたのは仮査定を上回る96万円(!)。お聞きしたところ、タイヤの減りもチェーンのダメージもほとんどなく、新車に近い状態のためとのこと。なにより「普段から丁寧に乗ってらしたんですね」との言葉に、分かってらっしゃるなと感じました。

仮査定を上回り!

ただ実際には、こうした買取業者もピンキリのようですね。業者によって、あるいは同じ業者でも担当者によって、評価の善し悪しが分かれているようです。

例えばよい口コミは…。

  • 「数年間放置していて正直値段はつかないだろうと思っていましたが、5万円提示してもらえました」
  • 「よくない噂を聞いていて不安でしたが、実際には丁寧な対応で、提示金額も想定内で安心できました」

逆によくない口コミだと…。

  • 「明らかに経験なさそうな若者が、写真を撮って本部に指示を仰いで査定額を提示するやり方に立腹しました」
  • 「下調べしていた金額よりも明らかに低い値段を提示してきて、その根拠を追求すると、徐々に上げていくやり方が信用できなかった」

以上の通り、やはり買取業者もいろいろありますね。評判などはキチンとリサーチして選ぶのが賢明です。

もうひとつ。私が買取業者を利用した理由がまさにそうですが、早急に現金が必要な方には即金払いは大きなメリットでしょう。下取りやネットオークションなどでは、一定の時間がかかるということを踏まえておいてください。

その場で現金買取はいくらまで?神奈川のバイク現金買取

私のように早く現金に換えたいという事情がある場合は、「買取業者に即金払いしてもらうのが一番」という話をしましたが、そもそもどんなときでも現金で買い取ってもらえるのか、後日入金の場合と査定額は違うのか…など、いろいろ疑問が湧きますよね。

そこで、バイクの現金買取についての情報もまとめてみました。

出張買取は現金払いOKの場合が多い

まずは現金買取に応じてもらえる売却方法についてですが、店舗への持ち込み査定の場合は、即金払いNGで原則銀行振り込みという業者が多いようです。

考えてみても、いつ来るかわからないお客のために店舗に大金を準備しておくのも大変でしょうから納得できますよね。

セキュリティーの面でも危険ですから、よほど流通量の多い大手なんかじゃないと難しいのではないでしょうか。

逆に言うと、出張買取の場合は即金払いOKの業者が一般的のようです。

査定の予約をとるときにバイクの種類や年式など大まかな情報がわかるので、事前に相場を調べて現金の準備がしやすいためでしょう。また金額交渉でもめた場合、持ち主を説得する材料として現金を持参する業者もいるようです。

確かに、「ほら、現金用意してますよ」と見せられると心が動いてしまうかもしれませんね…。

業者次第で支払方法は意外と異なります

出張買取の場合でも、業者によっては即金払いに応じないところもあるようです。

例えばCMなどで誰もが知る大手の買取業者は、3万円未満のみ現金買取、それ以上の金額であれば後日入金というルールを決めています。

査定をお願いする際に、支払方法は事前に確認しておいたほうがよいでしょうね。

私が調べたところ、100万円未満なら即日現金払いという業者がそこそこ多く見受けられました。中には金額の上限なく現金払いという業者もありましたが。

ほかには、5万円まで現金払いで、残額は後日入金という合わせ技を使っている業者もありました。

もっとも、即金払いをしている業者でも、現金払いを希望することをあらかじめ伝えておかなければ応じてもらえない所も多いので、利用の際は注意しましょう。

また、ローンが残っているバイクを売る場合は、現金払い不可が多いようです。ローン組み換えなどの手続きが必要になりますから、確かに即現金化というのは難しいでしょうね。

早く現金が欲しい場合も足元を見られないよう要注意

では、即日払いの場合と後日入金の場合で査定額に差は出るのでしょうか?

いろいろな業者を調べてみましたが、どうやら支払方法によってはっきりと査定額が変わるところはないようです。むしろ、後日入金の場合、業者によっては振込手数料を押し付けてくるところもあるようですので、手取りが減額されないか注意しなければなりませんね。

だからと言って「今すぐ現金が欲しい!」という態度をあからさまに出すのは禁物です。

査定しに来る相手は交渉のプロですから、こちらが急いで売りたがっている雰囲気を感じ取ると確実に安く買いたたこうとしてきます。仮に今日中に現金化したい!という切羽詰まった状況でも、焦った態度はとらないほうが得策です。

出張査定をお願いする場合でも、必ず複数業者に依頼して競合させるべきでしょう。無理に一日で決めようとせず、冷静に考える時間を持つのも安売りしないコツかもしれません。

日頃から買取業者の情報を収集したり、自分のバイクの買取相場を調べたりしておくと、いざというときにも落ち着いて対処できるのではないでしょうか。

私のようにバイクの売り時は突然にやってくるものですから、事前の準備は抜かりなく、バイク仲間とも情報共有しておくことをおすすめします。

愛車を手放して後悔しない!バイク買取業者を比較
愛車を手放して後悔しない!バイク買取業者比較