HOME » バイク買取を依頼するときのコツを伝授! » 買取の手続き・流れとは?

買取の手続き・流れとは?

ここでは、バイク買取がどういった感じで進んでいくのかを、一般的な例を3つ挙げて教えていくぜ。その中から確実に売りやすい方法も紹介するよ!

バイク買取、その手続きはどう進む?

まあ、大きく分けて以下の3つの手段があるな。

バイク仲間や知人に売る

バイク仲間や友人・知人などに売る、あるいはそうした人たちに買いたいという希望者を紹介して売るのは一般的。

本当は手放したくないけども、愛着のあるバイクを信頼できる相手に譲るという意味ではベストな方法かもしれないな。

ただし、そうそうタイミングよく相手が見つかるとは限らないぞ。また、値段交渉なども仲間や知人と適正に行うのは結構難しいぜ。

ネットオークションを活用する

ヤフオクなどのネットオークションを利用するのもひとつの手だね。ただし、これも諸刃の剣だぜ。

最低価格を設定すれば希望額を下回ることはないけど落札されないという可能性もある

また、落札者は見ず知らずの相手なので、なにかとトラブルが起きた場合には面倒なことに。こうしたことを踏まえた上で覚悟してやるのは自由だけどな。

専門の買取業者へ依頼

買取業者への依頼でまずやるべきことは、自分のバイクの年式や走行距離、コンディションを確認しておこうぜ。買取相場もだいたいでいいから、把握しておくこと。

その上で、よいと思った買取業者に、まずは電話なりメールなどで探りを入れてみてくれ。もちろんすぐ査定を依頼するんではダメだ。

電話なりメールでの相手の対応をチェックしよう。もちろんこっちを舐めたりしてきたような場合は、スッパリ電話を切ってやれ。

買取業者を絞り込んだ場合、査定のやり方には「自宅出張型」「店舗訪問型」がある。どちらでも自分の好きな方法でいいけど、査定に不満の場合で居座られたら嫌というなら店舗訪問。忙しくて時間が取れないなら自宅出張でいいんじゃないかな。

「買取業者」なら納得の金額で売れる?

色々紹介したが「買取業者」は他の売却方法に比べて手間がかからないのが特徴。巷では「買取業者」の方が高く売れると言っているが、本当に「買取業者」の方が高い金額で売れるか調べてみたぜ。

相場価格データを事前に準備

ときどき相場より価格が大きく下がる業者が存在する。業者に舐められないためにも、予め相場価格のデータを用意しておき、査定時に活用しよう。

事前に相場データを準備しておけば、交渉で主導権を握りやすくなるぞ。

信頼できるバイク仲間に立ち会ってもらう

バイク仲間などに立ち会ってもらうとバイクの売り買いの交渉はかなり有利に働く。

もしも納得いく答えが得られないなら「売りません」と断りやすいし、仲間と一緒なら、いろんな角度から意見を言うことができ主導権も握りやすい。

というわけで、買取業者に行く際は信頼できるバイク仲間に頼んでみよう。

適正な価格で確実に売れる

また、プロの方に査定してもらうので、適正な価格で確実に売りやすい

バイク仲間やネットオークションはどうしても、手間がかかるし、買い取ってもらうまでに時間がかかる場合も多い。

手間や時間を無駄にしないためにも、買取業者にお願いするのがおすすめだな。

交渉成立したらいよいよ手続き

晴れて交渉が成立したら手続きに入っていく。車検証や自賠責保険、税金関係などの必要書類を揃え、印鑑を持参してくれ。業者によって違うけど、早いところならその場で現金払い、だいたいは1週間程度で振り込みをしてくれるぞ。

もうひとつ、良心的な業者であれば、買い取った車両の名義変更を行いましたと証明する書類のコピーをともに郵送してくるはず。そのぐらいの「信頼できる業者」を選べたら安心だな!

藤沢に来てくれる?バイク出張査定・買取の流れとポイント4つ【神奈川】

店に行く手間がないからラクチンなバイクの出張査定。どんな準備をしておかなきゃいけないのか分かんない時ってあるよな。だからここを見て何をしておくのかしっかり確認しておいてくれ。あと、買取する上でのポイントも4点教えるぜ。

バイク買取の流れはたったの3ステップ

まずは必要書類!電話かインターネットで申し込み

いきなり申し込むなんてのは絶対やめておけよ。準備万端の状態で連絡するもんだぜ。

必要なのは、

  • 車検証(125cc以下は標識交付証明書・250cc以下は軽自動車届出済証)
  • 自賠責保険証明書
  • 身分証明書(写真が入った住基カード・運転免許証・保険証・パスポートのどれか)
  • 印鑑
  • 保護者の同意書(未成年者の場合)・名義人の承認書(名義人と契約者が違う場合)

まあ、こんなもんだな。

もし査定の当日に書類が全部揃っていなかったら買取ってもらえないから気を付けてな。インターネットとかバイク雑誌で買取業者を見つけたら、電話かインターネットで申し込みをしよう。インターネットの方が楽に申し込めるはずだぜ。申し込みフォームに、自分の情報とバイクの車種・メーカー・排気量・年式・走行距離などを記入した後、業者から日時指定の連絡があるはずだから待ってみよう。


査定スタッフによるバイク査定

希望した日時に業者から査定スタッフが来る。大手のバイク買取業者なら全国どこでも査定に来てくれるから安心だな。 例えばよく海岸沿いを走りに行く藤沢にだって、ざっと数えて7件くらいはあるんじゃないかな。あ、査定してもらう時には準備しておいた書類を忘れないようにな。せっかく集めたのに無駄したくないだろ。


ついにバイクが売れた!

査定金額に納得できたら、買取書類に印鑑を押して契約完了だ。即日現金払いには上限があるけど、すぐ指定口座に振り込んでくれる業者が多いから安心して大丈夫だ。 あと、売却後の名義変更とかナンバープレートの返却を代理してくれる上に、手続きに使った書類のコピーを郵送したりデータにしてくれる業者がいるから、気になるようなら事前に聞いておくといいぜ。


ポイントは車体をキレイに保つことだ

買取をしてもらうならなるべく高いほうがいいよな。まずは車体をキレイにしてピカピカなバイクにしておこうぜ!


車体は持ち主の性格を表す

査定スタッフも人間だからさ、バイクが汚かったり傷だらけだったら、持ち主は物を丁寧に扱わないんだなって思っちゃうものなんだよ。そしたら査定金額も低くなる。自分の評価が低いって嫌なもんだぜ。 だからいつもバイクはキレイにしておけよ。普段洗車してないヤツが前日に焦ってやると、大体失敗して傷がつくだけだ。お店に行ってやってもらうが吉ってやつさ。


常に乗ってないバイクもメンテナンスしてるか?

バイク好きなら乗らなくなったバイクもメンテナンスしてるよな?してないなら、今すぐやっておけ。長い間エンジンをかけてないバイクは、エンジンの調子が悪くなっちまう。たまにはエンジンをかけてやれよな。 サビを放置してるヤツはいるか?ヤバいからサビ止めの塗料をつけておこう。予防には雨よけのシートをかぶせておくことだ。

自分でキズを直すと損だぜ

多くの買取業者は社内に修理工場があったり、提携先の工場がある。何もせずそのままで買い取ってもらった方がオトクだ。自分で修理に出してしまうと、もしかしたら修理代が査定金額を上回る可能性がある。そうなったら損だよな。キズがついてても、そのままにしておいた方がいいんだよ。

自分のバイクの相場を知ってるか?

自分が売るバイクの相場を知っておかないと、相場より低い値段でも納得せざるを得なくなるぞ。 業者によっては査定時に教えてくれるところがあるみたいだけど、自分でも大体は把握できるから調べてみてくれ。インターネットのオークションで売られている値段から予想してみるのもいいかもしれないぞ。

バイク買取時の排気量別名義変更の方法

バイクを買取業者に買ってもらう場合は、ほとんどの買取店が名義変更を代行してくれるから任せておけば大丈夫だ。

でも、オークションで売ったり知人に譲ったりする時は自分で名義変更をする必要があるから、手続きの方法を知っておいてくれ。万が一、買取業者が手続きを怠っていた時に備えても、知っておいた方が役に立つぜ。

名義変更をちゃんとやっておかないと、いろいろとトラブルに遭う羽目になるから要注意だ。

~125㏄バイクは市・区役所、126㏄以上は陸運局で名義変更

では名義変更の仕方を教えていくが、まずバイクの種類によって申請の場所が違うんだ。

  • 「50~125㏄」のバイクは市役所、区役所で届け出でOK
  • 「126㏄以上」のバイクはすべて陸運局で手続き

手続きの際には、申請をする人の「住民票(発行後3ヶ月以内のもの)」が必要になるから事前に用意しておいてくれ。

基本、名義変更だけの場合はバイク本体の持ち込みは必要ないが、売却して管轄が変わる場合には「ナンバープレート」を用意しなきゃいけない。

ちなみに買主が手続きをする場合は「売主(旧所有者)の委任状」も必要だ。インターネットでダウンロードできるから検索してみてくれ。

排気量別必要書類一覧

その他の必要書類は排気量によって違うから、個別に説明していこう。

251㏄以上のバイク

251㏄以上のバイクを名義変更する場合は、以下の書類を用意してくれ。

  • 車検証
  • 譲渡証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 申請書
  • 手数料納付書
  • 軽自動車税申告書
  • 認め印

譲渡証明書はインターネットでダウンロードできるから、旧所有者が必要事項を書き込んで買主に送らなきゃいけない。自賠責保険の期限が残っている場合も、合わせて買主に送ってくれ。

申請書、軽自動車税申告書は陸運局でもらえるぜ。車検が切れている場合は別途車検を通さなきゃいけないから注意しろよ。

ちなみに車検証の所有者がローン会社や販売会社になっている場合は、その所有者の書類も必要になってくるから忘れずに連絡しておくんだぜ。

126㏄から250㏄のバイク

必要書類は以下の通りだ。

  • 住民票
  • 譲渡証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 軽自動車届出済証
  • 軽自動車届出済証記入申請書
  • 軽自動車税申告書
  • 認め印

軽自動車届出済証は、旧所有者が登録時にもらっているはずだ。紛失している場合は再発行の手続きをするんだな。

軽自動車届出済証記入申請書には新・旧両方の所有者の印章が必要だから注意してくれ。

125㏄以下のバイク

125㏄以下のバイクの場合は、持ち主が変わったらまずは廃車手続きをしなければならない。だからこの場合は名義変更ではなく、正確に言うと、廃車手続き後の再登録申請ということになる。その際に必要なのは以下の書類だ。

  • ナンバー
  • 標識交付証明書
  • 自賠責保険証
  • 廃車証
  • 譲渡証明書
  • 身分証明書
  • 軽自動車税申告書
  • 標識交付申請書
  • 認め印

廃車証は廃車手続きをした時にもらえるから、忘れずに買主に送ってやってくれ。

知らない人に売る場合はまず廃車手続きを

バイクを売った後、買主が名義変更するのを忘れてたり、怠ったりした場合、売却後でも自分に税金の納付請求が来てしまう危険性があるんだ。

後から買主に問い合わせても連絡がつかないなんてことも考えられるから、知り合いのバイク乗りに売る場合ならともかく、知らない人に売る時にはまず最初に廃車の手続きをしておいた方が安心だぜ。

廃車手続きをする場合は、125㏄以下のバイクのケースで説明したように、廃車手続き後に再登録手続きをして、買主に名義を移すことになる。

各種の手続きが面倒な時や、時間がない場合は代行業者もあるから頼んでみるのも一つの手だな。

愛車を手放して後悔しない!バイク買取業者を比較
愛車を手放して後悔しない!バイク買取業者比較