HOME » バイク買取を依頼するときのコツを伝授! » 少しでも高く売るには?

少しでも高く売るには?

売るなら高く買取してもらいたいよな。高額狙うためのコツを伝授してやるぜ。

バイクの高額買取、なにをどうしておけばいい?

そもそもバイク(車も含むぞ)の買取相場というのは、年式と走行距離、コンディション、そして車種の人気といったもので決まるんだ。

極端な例だけど、1年落ちの50ccより、10年落ちでもハヤブサのほうが高値になるはずなんだ!そのことは踏まえておいてほしい。

さて、ここからが肝心なんだけれど、同じ車種、同じ年式、同じような走行距離でも買取査定に差がでるというのはよくある話。

なぜそのような差が生まれるのかというと、バイクの買取では持ち主がバイクに注いできた愛情(扱い方)が価格に大きく関わっているからなのさ!

ここでは、バイクの高額買取を実現するために、所有者が事前にしておくべきことや、逆にすべきでないことなんかを取りまとめて紹介していくぜ。

日常のメンテナンス度合いで生まれる査定の差

例えば、タイヤの空気圧が低いとタイヤの減りは早くなるよね?また、チェーンへの給油もちゃんとしてないと、チェーンとスプロケットの寿命は縮まるわけだ…。また、エンジンオイルやオイルフィルターの交換もしかり。

このようにバイクを適当に扱っていると、エンジンの調子に大きく影響してしまうんだ

愛車へのメンテナンスを普段からキチンとやってるかどうかで、まじで買取査定は大きく変わってくるぜ。

バイクの査定額を上げるためにメンテナンスをする

バイクの査定額を下げないためには、定期的にメンテナンスをすることが大切なんだ。メンテナンスと聞くと面倒に感じてしまうかもしれないが、これをするのとしないのとでは天と地ほどの差があるのさ!

まずは車体を綺麗に保つことから意識しよう。査定では見た目の綺麗さは大きな判断基準になるんだ。汚れや傷がマイナス査定となる可能性があるから、洗車はメンテナンスの一環としてやっておこう。

後オイルアップもしっかりやることを忘れちゃいけない。バイクってのは定期的に潤滑化しておかないと、すぐにサビてしまうんだ。このサビってのは見た目だけではなく、耐久性にも大きく影響する恐れがある。査定時はマイナス査定のポイントになるから要注意だ!

メンテナンスに加えて、日ごろからバイクカバーを使っておけば、綺麗な状態が保ちやすくなるぞ。

バイクは長い間動かさないで放置しておくと、調子がおかしくなるのはみんなも良く知ってるよな!特にエンジンだ。このエンジンは週に1回はかけてやってくれ。でないと、そのうち動かなくなってしまうぜ。

メンテナンスの記録を残しておく

バイクの査定をするなら、メンテナンス記録簿を作っておいた方がいいぜ。このメンテナンス記録簿があれば、バイク買取をする時に話を有利に持っていけるぞ!バイクの査定士だって人間だ。査定ミスで転倒歴とか見間違えて、バイクの評価を下げちまうこともある。

もし査定内容に納得がいかない場合は、このメンテナンス記録簿を見せるんだ。このメンテナンス記録簿には、自分のバイクに関する情報をできるだけ多く記載しておくことをおすすめするぜ。

改造費や領収書、転倒歴も情報があればあるほどいい。これだけやれば、査定士にこちらのバイクに対する愛を示せるはずさ。これは評価されるポイントだ。自分がどれだけバイクを大切に扱ってきたかということをアピールできるんだ。

こんなにバイクのことを思う人間が、乱暴にバイクを扱うはずがないってことを、相手へ伝えることができる最高の手段だぜ。こうすることで査定額も下がることはないはずさ。

ノーマルパーツもしっかり揃っているか

ひと昔前だと、カスタムパーツの装着はむしろマイナス要素で、わざわざノーマルに戻す手間があったんだ。

だけど今は、むしろカスタムパーツがプラス査定のポイントになる場合があるから、そうした業者を選ぶといいね。

しかし取り外したノーマルパーツがきちんと揃ってないと減額になってしまうから、カスタムしても手元にキチンととっておくのだよ。

大きなキズや凹みは直す必要はなし

もちろんこれらはマイナス査定になるんだけど、事前に金かけてキズを直してもプラス査定になる金額より修理費用のほうが高くなる可能性のほうがデカい…

一方、買取業者の多くは自前や提携の整備修理工場があり、修繕コストは一般の修理よりも安く仕上げることができる。

だったら、大きなキズを直して高い金額取られるよりも、キズが入ったまま、買取業者に任せたほうが得ってわけさ。それこそ簡単でお金がかからないなら、直しておいてもいいけどね。

事故歴や転倒歴、隠してもバレてるよ

査定士(あくまでもキチンとした)はその道のプロ中のプロ。車両を見れば事故歴や転倒歴なんかもすぐに分かってしまう。下手に隠すと、他にもなにか隠してるだろうと、かえって印象が悪くなるぜ。

むしろどのように転んでどう直したかを正直に話すほうが、査定アップにつながるかもね。

直前の洗車はしたほうがいい、ただし…

当たり前だけど、泥や埃だらけのバイクときれいに洗ってあるバイクでは査定の印象は大きく変わるよね。

だけど、普段から洗車やワックスがけをしたことがないのに慌ててやると、新しいキズがついてむしろ後悔することもあるから気をつけろ!洗車するなら、充分に注意してやってくれよな。

時期によってバイクの買取価格は異なる!?

意外と皆が見落としがちなのが、バイクを買取に出す時期だ。実は時期によって、バイクの買取価格は大きく変わってくる。なるべく高く売りたいなら、春と夏を選べ!

なぜなら、春は新生活が始まる時期で夏は夏休みの時期だから、バイクを購入したり買い替えたりする人が急増するんだつまり需要がアップするから、他の時期よりも高く売りやすいってことさ。逆に、冬のように寒い季節は、バイクを乗る人が少なくて売りにくいから気をつけろよな。

少しでも高く売るためには、買取業者選びも肝心!

買取に出すときのポイントをいろいろ徹底して守っても、選んだ買取業者次第で価格が決まる。結局どの買取業者を選ぶのかが肝心なんだ。

乗り換えに伴う売却なのか、現金が必要だから手放すのか、カスタム車なのかノーマル車なのか、事故車なのかといった要素によって、自分に適した買取業者は変わってくる。

自分の目的をしっかり踏まえた上で、業者選びをすることが高額で買い取ってもらうための近道だ!

買取業者を選ぶコツを知っておくべし

安い金額を提示してくる業者に騙されるな

利益主義の買取業者は、相場よりも安い金額を提示することが多いから注意。実際に提示できる金額の5万円~20万円も安い金額を提示してくるから、何も知らないまま契約をしてしまうと、5万円~20万円も損することになる。

そんな失敗をしないためにも、買取業者と上手に交渉しなければならない。言葉巧みに契約を迫ってくる営業マンに惑わされないように、下記のような営業トークに気をつけておこう。

タイプ別に見るバイク買取で気をつけたい営業トーク事例

せっかち型

せっかち型というのは、「今日限定の特別価格です」「今すぐ売ったほうがお得です」などと言って、即決を迫ってくるような営業トークのことだ。このようなことを買取業者から言われたら、ついつい焦ってその場で契約をしちゃう人も多いだろう。

しかし実際は、他社と比較されたり他社に持って行かれたりするのが嫌だから、即決を迫ってくるのだ。このような営業トークをする買取業者は、優良業者とは言えないので、他の買取業者を選んだほうが良いだろう。

上司相談型

「上司に相談してみます」と言って、目の前で電話をする営業マンは結構多い。上司に相談しているのを見ると、頑張って買取価格を上げようとしてくれていると思うだろう。

しかし上司相談型の営業トークは、ギリギリ感を出すための演出にすぎない。実際はもっと高い金額を提示できるのにも関わらず、「上司に相談して、なんとかこの査定金額です」という演出をしているのだ。安易にこの演出に騙されずに、交渉をして高額査定を引き出そう。

自信過剰型

「他の業者では出せない査定金額です」「我が社だからこそ出せるこの高額査定です」など、自分の会社が1番優れているという内容の営業トークが、自信過剰型だ。

このタイプは、自分の会社が1番優れているということを認識させて、相見積りを防ぐのが目的になっている。自信過剰型の営業トークを聞くと、「この会社が1番高く買取してくれるなら、この会社で良いや」と思ってしまうだろう。

しかし他社の査定金額のほうが高いということもあるので、惑わされずに複数社に査定を依頼しよう。

買取業者に高く売るためのコツ

様々な買取業者の形態を理解しておく

バイクの買取をしている業者はたくさんいるが、その業務形態も様々だ。自社で中古バイクを整備し、そのまま自社の店舗で中古車として販売する街の中古バイク屋もいれば、オークションでバイクを売り買いしている買取業者もいる。

業務形態が変われば、会社の運営にかかるコストや買取の対応スピードなどが変わってくる。だから、良い買取業者を選びたいなら、どういう業務形態の買取業者が存在するのかを理解しておけ!

査定金額を競争させる

買取業者は、中古バイクを転売して利益を得ているから高い利益を得るためには、なるべく安く買取をして、高値で売らなければいけない。だから多くの買取業者が、相場よりも安い金額を提示してくるんだ。

査定金額を高くするコツは、業者に競争をさせることだ。複数の業者に見積りを依頼すれば、契約を勝ち取るために競争を始めて、査定金額が高くなっていく。そうすれば、最初に提示してきた金額よりも高い金額で売ることができるってわけさ!

納得できるまで説明をしてもらう

査定金額に納得できないなら、納得できるまで買取業者に説明をしてもらうべきだ。「自分のバイクがボロいから」「人気がないバイクだから」と、自分の中で金額が低い理由を決めつけていないか?

納得できないままバイクを売るなんて非常にもったいないし、バイクが可哀想だ。後々後悔しないためにも、納得できない部分があるなら、納得いくまで説明してもらったほうが絶対に良い。しっかり説明を求めることで、自分の本気を見せることができ、買取業者も査定金額を高くしてくれるかもしれない。

きっぱり断る勇気も必要

査定の内容に満足できないなら、きっぱり断るということも大切だ。「せっかく査定をしてもらったから・・・」と言って、渋々売る人も中にはいるだろう。しかし査定を依頼したからといって、売らなければならない義務なんてない。満足できないなら断ったほうが断然良い。

しかも「満足できないから帰ります」と言うと、契約を逃さないために、査定金額を上げる買取業者は非常に多い。最後に満足できる査定金額になったら契約すれば良いし、それでも満足できないなら断る判断をしたほうが良いということも知っておくべきだ。

愛車を手放して後悔しない!バイク買取業者を比較
愛車を手放して後悔しない!バイク買取業者比較