HOME » バイク買取を依頼するときのコツを伝授! » 少しでも高く売るには?

少しでも高く売るには?

売るなら高く買取してもらいたいよな。高額狙うためのコツを伝授してやるぜ。

バイクの高額買取、なにをどうしておけばいい?

そもそもバイク(車も含むぞ)の買取相場というのは、年式と走行距離、コンディション、そして車種の人気といったもので決まるんだ。

極端な例だけど、1年落ちの50ccより、10年落ちでもハヤブサのほうが高値になるはずなんだ!そのことは踏まえておいてほしい。

さて、ここからが肝心なんだけれど、同じ車種、同じ年式、同じような走行距離でも買取査定に差がでるというのはよくある話。

 

なぜそのような差が生まれるのかというと、バイクの買取では持ち主がバイクに注いできた愛情(扱い方)が価格に大きく関わっているからなのさ!

ここでは、バイクの高額買取を実現するために、所有者が事前にしておくべきことや、逆にすべきでないことなんかを取りまとめて紹介していくぜ。

日常のメンテナンス度合いで生まれる査定の差

例えば、タイヤの空気圧が低いとタイヤの減りは早くなるよね?また、チェーンへの給油もちゃんとしてないと、チェーンとスプロケットの寿命は縮まるわけだ…。また、エンジンオイルやオイルフィルターの交換もしかり。

このようにバイクを適当に扱っていると、エンジンの調子に大きく影響してしまうんだ

愛車へのメンテナンスを普段からキチンとやってるかどうかで、まじで買取査定は大きく変わってくるぜ。

バイクの査定額を上げるためにメンテナンスをする

バイクの査定額を下げないためには、定期的にメンテナンスをすることが大切なんだ。メンテナンスと聞くと面倒に感じてしまうかもしれないが、これをするのとしないのとでは天と地ほどの差があるのさ!

まずは車体を綺麗に保つことから意識しよう。査定では見た目の綺麗さは大きな判断基準になるんだ。汚れや傷がマイナス査定となる可能性があるから、洗車はメンテナンスの一環としてやっておこう。

後オイルアップもしっかりやることを忘れちゃいけない。バイクってのは定期的に潤滑化しておかないと、すぐにサビてしまうんだ。このサビってのは見た目だけではなく、耐久性にも大きく影響する恐れがある。査定時はマイナス査定のポイントになるから要注意だ!

メンテナンスに加えて、日ごろからバイクカバーを使っておけば、綺麗な状態が保ちやすくなるぞ。

バイクは長い間動かさないで放置しておくと、調子がおかしくなるのはみんなも良く知ってるよな!特にエンジンだ。このエンジンは週に1回はかけてやってくれ。でないと、そのうち動かなくなってしまうぜ。

メンテナンスの記録を残しておく

バイクの査定をするなら、メンテナンス記録簿を作っておいた方がいいぜ。このメンテナンス記録簿があれば、バイク買取をする時に話を有利に持っていけるぞ!バイクの査定士だって人間だ。査定ミスで転倒歴とか見間違えて、バイクの評価を下げちまうこともある。

もし査定内容に納得がいかない場合は、このメンテナンス記録簿を見せるんだ。このメンテナンス記録簿には、自分のバイクに関する情報をできるだけ多く記載しておくことをおすすめするぜ。

改造費や領収書、転倒歴も情報があればあるほどいい。これだけやれば、査定士にこちらのバイクに対する愛を示せるはずさ。これは評価されるポイントだ。自分がどれだけバイクを大切に扱ってきたかということをアピールできるんだ。

こんなにバイクのことを思う人間が、乱暴にバイクを扱うはずがないってことを、相手へ伝えることができる最高の手段だぜ。こうすることで査定額も下がることはないはずさ。

ノーマルパーツもしっかり揃っているか

ひと昔前だと、カスタムパーツの装着はむしろマイナス要素で、わざわざノーマルに戻す手間があったんだ。

だけど今は、むしろカスタムパーツがプラス査定のポイントになる場合があるから、そうした業者を選ぶといいね。

しかし取り外したノーマルパーツがきちんと揃ってないと減額になってしまうから、カスタムしても手元にキチンととっておくのだよ。

大きなキズや凹みは直す必要はなし

もちろんこれらはマイナス査定になるんだけど、事前に金かけてキズを直してもプラス査定になる金額より修理費用のほうが高くなる可能性のほうがデカい…

一方、買取業者の多くは自前や提携の整備修理工場があり、修繕コストは一般の修理よりも安く仕上げることができる。

だったら、大きなキズを直して高い金額取られるよりも、キズが入ったまま、買取業者に任せたほうが得ってわけさ。それこそ簡単でお金がかからないなら、直しておいてもいいけどね。

事故歴や転倒歴、隠してもバレてるよ

査定士(あくまでもキチンとした)はその道のプロ中のプロ。車両を見れば事故歴や転倒歴なんかもすぐに分かってしまう。下手に隠すと、他にもなにか隠してるだろうと、かえって印象が悪くなるぜ。

むしろどのように転んでどう直したかを正直に話すほうが、査定アップにつながるかもね。

直前の洗車はしたほうがいい、ただし…

当たり前だけど、泥や埃だらけのバイクときれいに洗ってあるバイクでは査定の印象は大きく変わるよね。

だけど、普段から洗車やワックスがけをしたことがないのに慌ててやると、新しいキズがついてむしろ後悔することもあるから気をつけろ!洗車するなら、充分に注意してやってくれよな。

時期によってバイクの買取価格は異なる!?

意外と皆が見落としがちなのが、バイクを買取に出す時期だ。実は時期によって、バイクの買取価格は大きく変わってくる。なるべく高く売りたいなら、春と夏を選べ!

なぜなら、春は新生活が始まる時期で夏は夏休みの時期だから、バイクを購入したり買い替えたりする人が急増するんだつまり需要がアップするから、他の時期よりも高く売りやすいってことさ。逆に、冬のように寒い季節は、バイクを乗る人が少なくて売りにくいから気をつけろよな。

少しでも高く売るためには、買取業者選びも肝心!

買取に出すときのポイントをいろいろ徹底して守っても、選んだ買取業者次第で価格が決まる。結局どの買取業者を選ぶのかが肝心なんだ。

乗り換えに伴う売却なのか、現金が必要だから手放すのか、カスタム車なのかノーマル車なのか、事故車なのかといった要素によって、自分に適した買取業者は変わってくる。

自分の目的をしっかり踏まえた上で、業者選びをすることが高額で買い取ってもらうための近道だ!

買取業者を選ぶコツを知っておくべし

安い金額を提示してくる業者に騙されるな

利益主義の買取業者は、相場よりも安い金額を提示することが多いから注意。実際に提示できる金額の5万円~20万円も安い金額を提示してくるから、何も知らないまま契約をしてしまうと、5万円~20万円も損することになる。

そんな失敗をしないためにも、買取業者と上手に交渉しなければならない。言葉巧みに契約を迫ってくる営業マンに惑わされないように、下記のような営業トークに気をつけておこう。

タイプ別に見るバイク買取で気をつけたい営業トーク事例

せっかち型

せっかち型というのは、「今日限定の特別価格です」「今すぐ売ったほうがお得です」などと言って、即決を迫ってくるような営業トークのことだ。このようなことを買取業者から言われたら、ついつい焦ってその場で契約をしちゃう人も多いだろう。

しかし実際は、他社と比較されたり他社に持って行かれたりするのが嫌だから、即決を迫ってくるのだ。このような営業トークをする買取業者は、優良業者とは言えないので、他の買取業者を選んだほうが良いだろう。

上司相談型

「上司に相談してみます」と言って、目の前で電話をする営業マンは結構多い。上司に相談しているのを見ると、頑張って買取価格を上げようとしてくれていると思うだろう。

しかし上司相談型の営業トークは、ギリギリ感を出すための演出にすぎない。実際はもっと高い金額を提示できるのにも関わらず、「上司に相談して、なんとかこの査定金額です」という演出をしているのだ。安易にこの演出に騙されずに、交渉をして高額査定を引き出そう。

自信過剰型

「他の業者では出せない査定金額です」「我が社だからこそ出せるこの高額査定です」など、自分の会社が1番優れているという内容の営業トークが、自信過剰型だ。

このタイプは、自分の会社が1番優れているということを認識させて、相見積りを防ぐのが目的になっている。自信過剰型の営業トークを聞くと、「この会社が1番高く買取してくれるなら、この会社で良いや」と思ってしまうだろう。

しかし他社の査定金額のほうが高いということもあるので、惑わされずに複数社に査定を依頼しよう。

買取業者に高く売るためのコツ

様々な買取業者の形態を理解しておく

バイクの買取をしている業者はたくさんいるが、その業務形態も様々だ。自社で中古バイクを整備し、そのまま自社の店舗で中古車として販売する街の中古バイク屋もいれば、オークションでバイクを売り買いしている買取業者もいる。

業務形態が変われば、会社の運営にかかるコストや買取の対応スピードなどが変わってくる。だから、良い買取業者を選びたいなら、どういう業務形態の買取業者が存在するのかを理解しておけ!

査定金額を競争させる

買取業者は、中古バイクを転売して利益を得ているから高い利益を得るためには、なるべく安く買取をして、高値で売らなければいけない。だから多くの買取業者が、相場よりも安い金額を提示してくるんだ。

査定金額を高くするコツは、業者に競争をさせることだ。複数の業者に見積りを依頼すれば、契約を勝ち取るために競争を始めて、査定金額が高くなっていく。そうすれば、最初に提示してきた金額よりも高い金額で売ることができるってわけさ!

納得できるまで説明をしてもらう

査定金額に納得できないなら、納得できるまで買取業者に説明をしてもらうべきだ。「自分のバイクがボロいから」「人気がないバイクだから」と、自分の中で金額が低い理由を決めつけていないか?

納得できないままバイクを売るなんて非常にもったいないし、バイクが可哀想だ。後々後悔しないためにも、納得できない部分があるなら、納得いくまで説明してもらったほうが絶対に良い。しっかり説明を求めることで、自分の本気を見せることができ、買取業者も査定金額を高くしてくれるかもしれない。

きっぱり断る勇気も必要

査定の内容に満足できないなら、きっぱり断るということも大切だ。「せっかく査定をしてもらったから・・・」と言って、渋々売る人も中にはいるだろう。しかし査定を依頼したからといって、売らなければならない義務なんてない。満足できないなら断ったほうが断然良い。

しかも「満足できないから帰ります」と言うと、契約を逃さないために、査定金額を上げる買取業者は非常に多い。最後に満足できる査定金額になったら契約すれば良いし、それでも満足できないなら断る判断をしたほうが良いということも知っておくべきだ。

バイク高額買取のための査定士とのコミュニケーションのコツ

さっきも言ったけど査定士だって人間だ。コミュニケーションひとつでも、買取金額は上がりやすくなる。

ってな訳で、愛車を高く買い取ってもらうためのコミュニケーションのコツを紹介するぜ。

ノルマが迫る月末や平日の査定で業界の繁忙期を狙う

査定士には年間のノルマと、それを12分割した月間ノルマがある。

土日や連休は査定も多い。だから契約が取りやすい。査定士にとっては、ノルマをこなしやすい時期だ。

自分が査定士の立場だったら、契約が取りやすい時に頑張って買取金額上げたりしないだろ?

だから、土日や連休の査定はできればやめとけ

ちなみにここで言ってる連休は、ゴールデンウィークや盆正月なんかの大型連休以外のことだぜ。大型連休だと、みんな最後のひとっ走りにバイクを使っちまって、査定はその後ってパターンが多い。

金曜や月曜が祝日になってる3連休とかが、かなり混み合うってことだ。

それからさっきも言った通り、バイクを高額で売りやすい時期は春~夏頃だ。この時期はバイク業界の繁忙期になるわけだ。

査定士のノルマと繁忙期のことを踏まえると、高額買取してもらえるチャンスは「春先~夏の平日」ってことになるな。しかもこの平日が月末なら、査定士が月間ノルマの達成に焦る時期でもあるから尚いいタイミングだ。

ちなみにオフシーズンでも、「月末近くの平日」は変わらず狙い目になるぜ。

「年末または年度末頃」も、年間のノルマ達成に向けてみんな本気になってるはずだ。

この時期の査定士は、なんとしても契約を取るために本気の金額を提示してくる。だから、あんまり粘り過ぎないこともポイントだぜ。

希望金額は店頭価格の7~8割を目安に

希望金額は、絶対に適当には言うな。

例えば、現金が10万必要だから査定してもらうとする。だがそのバイクの最高査定額は20万かもしれない。

なのに「10万にはなってほしいんスよね~」なんて口を滑らせたらどうなると思う?

その業者にとっては旨い話だよな。20万相当のバイクが10万で手に入るんだから。

ポイントは、同じ車種で距離・年式が近いバイクの店頭価格を知っておくことだ。

例えばさっきの最高査定20万のバイク。店頭では30万前後で売ってるとする。

そうしたら、希望金額として店頭価格の7~8割の金額を言ってみるんだ。

以下で、実際の会話の一例を紹介していくぞ。

(客)

22~23万くらいなら嬉しいですけどね

いや~・・・正直15~16万が限度で・・・

(査)
(客)

ホントですか?う~ん・・・もうちょっと頑張っていただくわけにはいかないですか?

そうですね・・・では18万では?

(査)
(客)

・・・

では19万!これでいっぱいです・・・

(査)
(客)

・・・切りのいいところで20万ってのは?

・・・分かりました!すいません、これ以上はホントに無理で!

(査)

これは一例だけど、最初から10万なんて言っちまうパターンとは全然違う交渉プロセスになることは分かってもらえるよな?

もちろん、どれくらい粘るのかはケースバイケースで頼むぜ。

あと、ある程度までこっちの要望に合わせてくれたんなら、きちんと感謝するのも大事だ。

希望金額も、あまりに現実離れした金額を言わないようにしっかりリサーチしてくれよな。ただの冷やかしと思われて、まともに相手にされなくなっちまうぞ。

人として気持ちの良い接し方で高価買取につなげる

結局は査定士にとって「この人のために頑張ってやりたい」と思えるお客になれるか?ってことが重要なんだ。

自分が査定士だったら、横柄だったりケンカ腰なやつのバイクに高値を付けてやろうとは思わないはずだ。

査定士は敵じゃなく、愛車を高値で買い取るために愛車の長所を探してくれるパートナーだ。査定士の労をねぎらったり、バイク談義に花を咲かせるのもいいだろう。

もちろん買取金額アップのメイン要素はバイクのコンディションだが、こうやって人と人との良い関係を築くのも高額買取の大切なポイントになるんだ。

カスタムバイクを高く売るならパーツの買取を行っている神奈川の業者に!

カスタムバイクを高く売りたいなら、外したノーマルパーツも取っておいて一緒に売るのがおすすめだ。

ノーマルパーツなんて、かさばるし保管場所に困るから取ってないっていう人もいるかもしれないが、前にも言った通り、ノーマルパーツがあるとプラス査定になることも多いんだぜ。 

なぜかっていうと、一般的にはカスタムバイクよりは、あまりいじっていないノーマルバイクの方がニーズは高いからだ。 

 

買い取り業者はカスタムを引き取った後、ノーマルに戻して売ることが多いから、カスタム済みの車体はノーマルパーツと一緒に売ってもらった方が、業者からしても都合がいいんだよな。

中には取り外したカスタムパーツを再販する業者もいるんで、カスタム車プラスノーマルパーツのセットで売った方が査定額も上がるってわけだ。

もっとも、パーツの買取に積極的でない業者もあるから、高く売りたいなら進んで買い取ってくれる業者を探しておくべきだ。 パーツ単体での買取もやっている所だと取扱量が多いから、高めに買ってくれる可能性が高いし、慣れているから安心して任せられる。 

俺がおすすめする神奈川のパーツ買取業者は、以下のラインナップだ。

U-MEDIA

神奈川県を拠点に24店舗を展開している、創業45年以上の老舗バイク買取業者だ。地域密着企業ならではの安心感があるよな。

グループ内にU-バイクパーツっていう中古パーツ・用品専門店があるから、幅広いパーツの買取に対応してくれるのも魅力なんだ。

専門店というだけあって、扱っているパーツの数も情報量も相当なもんだ。カウル、フェンダー、タンク、マフラー、トップケースの他、グローブなどいろんなライディングギアを扱っている。 

基本は茅ケ崎の実店舗に持ち込みで査定してもらうんだが、各店舗でも相談に乗ってもらえるぜ。 

売る予定がまだ先でも、一度足を運んでみるのもいいかもしれない。真のバイク好きにとってはパラダイスみたいなもんだからな。ついつい長居し過ぎないように注意してくれ!

バイク王

CMでもおなじみの、誰もが知る大手業者。ネームバリューは申し分ない。最近じゃ買取はもちろん、修理・整備にも力を入れているみたいだから注目だ。

ホイールやマフラー、ジャケットなどのパーツ買取もやっていて、WEBからの申し込みもできるところが便利なんだ。流通量がかなり多いから、多少マイナーなパーツでも引き取ってくれるはずだ。 

メールで申し込むと宅配買取キットを送ってくれるから、店舗に行く暇がない人には特におすすめしておくぜ。

バイクブーン

旧車やハーレーの買取に力を入れている業者だ。パーツ買取、事故車、故障車の査定にも積極的に応じているぜ。 

高額査定するポイントとして、パーツを含め、できる限りのバイク用品を揃えることを要件に挙げていて、可能な限り買取に応じてくれるところがメリットだ。

バイク本体と一緒に売りたい場合は、一度見積もりを出してもらうといい。 

レッドバロン

全国直営ネットサービスで、全店直営でバイクの販売、買取、下取りをしている。かつてはヤマハ系の店だったんだが、近年では国内外のメーカーを幅広く扱っている。 

愛知県岡崎市にパーツ専門ショップを持っていて、全国のレッドバロンショップで買い取ったパーツも販売しているんだ。

パーツ単体の持ち込み買取は岡崎市の店舗でのみ対応しているようだが、全国ネットで流通量が多いから、バイク本体とセットでパーツを売りたいときには高値が期待できるかもな。

早く売れば高額で売れる!バイクを売るタイミングは? 

大事に乗ってきたバイクなら、いざ売ろうって時もなかなか決断に踏み切れないこともあると思う。 

もうすこし待てばもっと高く売れるんじゃ…なんて欲が出たりして、売り時を逃してしまう人もいるんじゃないか? 

実はほとんどの場合、バイクは売る時期が早いほど高値がつくものなんだ。だから、そろそろ売ろうかと思い立ったら即断することをおすすめしたい。その理由を詳しく説明するぜ。

新車登録から時間が経つほどバイクの値は下がる

当たり前のことだが、新車登録した日から時間が経つにつれて、バイクの買取価格はどんどん値下がりしていく。 

走行距離、車検や自賠責保険の残存期間も価格を左右する要因になり得るが、いずれも売るのが後になるほど売る側にとって不利に働くから、迷うくらいなら売った方がいい。 

前に、一般的に冬の寒い時期はバイクが売れにくくなるから買取価格も控えめになると言ったが、例えば車検が近づいている場合だと、春までじっくりと待ってはいられないぜ。

車検切れや車検前ギリギリで売ろうとすると確実に買取価格は下がってしまう。そういう事情がある時は、逆に早く売ってしまわないと安く買いたたかれてしまう危険性もあるから注意しろよ。 

バイクそのものが劣化する

買ってから時間が経つと、どれだけ丁寧にメンテナンスをしていても劣化が避けられないのが現実だ。 

塗装が色褪せたり錆が出たりすることもあるし、エンジンの調子が悪くなったり、ブレーキパッドやタイヤなんかの劣化も目立つようになる。 

長く乗っていて事故歴や転倒歴がついたりすると、余計に値段が下がってしまうから気をつけないとダメだぜ。

あまり走っていなくてまだ状態のいいバイクを持っていたり、逆に環境が悪いところでバイクを保管していたりする場合は、放置しないで速やかに売るのが賢いやり方だ。

モデルチェンジで旧モデルの価格は一気に下がる

家電でもなんでもそうだが、新商品が出ると旧モデルの価格はガタ落ちしてしまう。

中古バイクの価格はユーザーの人気度で決まるものだが、新モデルが出た直後はそっちに人気が集中するうえ、旧モデルを手放す人も増えるから在庫があふれて、ますます旧モデルは売れにくくなってしまうんだよな。

ずーっと待っていればそのうちプレミアがついて高値で売れるかも、なんて甘いことは思わない方がいいぜ。 

絶版になって希少価値が出るまでには気が遠くなるほど時間がかかるし、自分が持っている愛車が後に再評価されるという保証もない。 

実際、昔はあんなに人気だったのに今はただの時代遅れ扱い…なんて哀しい車種はいくらでもあるしな。

あるいはつぶれるまで乗り倒す!っていうのも一つの選択肢だが、古くなればなるほどメンテナンスの費用もかかってくるから、経済面を考えると良いか悪いかは微妙だな。よっぽど気に入っている愛車なら別だけど。

大体、走行距離が2万キロを超えたあたりで一度買い替えを考えるのがベストだぜ。

売る気がそんなになくても、自分のバイクの市場価値を知る上では一度、信頼できる業者に見積もりをしてもらったほうがいい。

ほとんどの業者が無料で査定してくれるから、利用しない手はないぜ!

メンテナンスでバイク高額買取!各部のメンテナンス方法を紹介

バイクを高額で買い取ってもらうためには、日頃のメンテナンスが欠かせない。 

面倒くさがらずに定期的にやっておけば、査定の時にも好印象を持ってもらえて価格に反映されることもあるから、ポイントをしっかり押さえておいてくれよ。

ウィンカーやヘッドライトの不良は違反切符の恐れも

ウィンカーは車や歩行者に進行方向を知らせる大事な役割があるから、自分はもちろん周囲のためにも不具合がないように気をつけろよ。

まずは日常的に、走り出す前にウィンカーがちゃんと作動するか確かめる癖をつけるべきだ。 

もし点滅速度が速くなっていたり、点灯するが点滅しなかったりする時は、リレーが壊れていることも考えられるので調べてみよう。

自分でヘッドライトの電球を交換する時は、ハロゲン電球を素手で触らないように注意しろよ。直接触ると手の脂がついて電球が劣化してしまうから危険だぜ。 

ウィンカーやヘッドライトが正しく作動していないと整備不良で違反切符を切られる危険もあるから、自分で修理する自信がなければ迷わず業者に持っていくことが大切だ!

ブレーキ回りの安全性維持はマスト

ブレーキ回りのメンテナンスは自分が乗る時の安全のためにもこまめにやった方がいいぜ。

まずはブレーキパットだが、一般的には2年に一度、残量2ミリ以下になったら替え時だ。ソフトなパッドだともっと早く交換時期が来ることも多いから、特に注意が必要だ。 

  1. ブレーキパッドの取り外し
  2. 清掃
  3. 揉みだし
  4. ピストンなどの点検
  5. ブレーキパッド取り付け

の順でやるとスムーズだ。

パッドを取り外すときはブレーキフルードがキャリパーの塗装面に付いてしまうと剥がれの原因になるので注意してくれ。ウエスで覆って作業すると安心だ。

パッドを交換しても制動力やタッチが良くならない時は、キャリパーのオーバーホールも併せてやってみるといい。

特にピストン周辺の汚れを丁寧に落としてやると、ブレーキフィーリングが劇的に変わるから驚くぞ。

もっとも、ブレーキ回りのメンテナンスは一歩間違っただけでも大事故につながりかねない。自信がない場合は決して無理せず、プロに任せた方が無難だ。 

チェーンのメンテがバイクの寿命と性能を左右する

チェーンのメンテナンスを怠ると走行性能がガタ落ちしてしまうんだ。目につきやすい場所だけに、ピカピカにしてるとかっこいいと思われるぜ。持ち主の性格が表れやすいパーツかもな。

チェーン自体の寿命も伸びるから、定期的にやるのがおすすめだ。

やり方はいろいろあるが、リアホイールを回しながらクリーナーを吹きかけて、汚れを徹底的に落とすのが基本。クロスで丁寧にふき取ると仕上がりが違うぜ。最後に注油して余分なオイルをふき取ったら完了だ!

たまにエンジンをかけてタイヤを回しながらやろうとする人がいるが、指を巻き込んでケガする危険があるから絶対にやめてくれよな。手間がかかっても手回しが一番だ。

走行距離が伸びたり、時間が経過したりした場合、チェーンとスプロケットを一緒に交換するのは鉄則だ。押し歩きだけでも感触が変わるほど、動きがスムーズになる。

もっとも、チェーン交換は特殊工具が必要な作業だから、これも自信がない限りは業者へ依頼した方が良いだろうな。素人がやって台無しにしてしまったら目も当てられないぜ…。 

こまめな点検でバッテリートラブルを防ぐ

ツーリング先でバッテリートラブルなんて起きたら最悪だよな。日頃から点検する癖をつけておくことが肝心だぜ。

セルモーター回り、ホーン、ウィンカーの点滅なんかに異常がある時はバッテリー不足の可能性があるから電圧を計測して、低かったらすぐに充電器で補充してみてくれ。それから、端子部に汚れや緩みがないかも定期的にチェックしておいた方がいい。 

充電してもパワーが弱くなってきたときは、交換が必要ってこと。一般的には3年~5年で交換するのをお勧めするぜ。

交換は初心者でも割と簡単にできるけど、細かい部品をなくさないように気を付けることと、取り外し時にはマイナス端子を外してからプラス端子を外すこと、取り付け時には逆で行うこと。

間違えるとショートしたり、感電したりする危険もあるから気を抜くなよ。最悪のケースだと火が出る時もある。

それから、バイクのバッテリーはエンジンを動かしている間に充電する仕組みになっているから、バッテリーを長持ちさせるにはこまめに乗ってやることが大切だ。

もし、冬場なんかで長期間乗らない時はバッテリーを外して保管しておくことだな。そうすると自然放電を避けられるから比較的持ちが良くなるぞ。

バイクの命、エンジンのメンテは念入りに

エンジンとキャブレターのメンテナンスは特に大切だ。定期的なエンジン、ミッションオイルの交換や冷却液の交換なんかは当然やっておくべきだろう。

長く乗っているバイクは、キャブレターを掃除してやると一気に蘇るぞ。アイドリングが安定しなかったり、回転数が素直に上がらなかったり、エンジンがかかりにくい状態になってきたらオーバーホールをお勧めするぜ。

とはいえ、全部バラしてクリーニングするのはかなりの手間だ。スロー系やメイン系の穴をキャブクリーナーで洗浄するだけでもいい。 

ジェット類やキャブのねじが小さい上に構造は少し複雑だから、メンテ初心者は組み立て方が分からなくならないように、写真で記録しながらやるといいかもな。締め忘れなんかがあると最悪エンジンが壊れるから慎重にな。

車検を受けるより買取の方がお得!車検切れバイクの買取について解説

しばらくバイクに乗っていないうちに車検が切れてしまって、途方に暮れた経験はないか?

「売ろうと思っていたのに」って、慌てて車検を受けに行こうとしているそこのバイク乗り、ちょっと待った!

車検が切れていても、ほとんどの場合はそのまま買い取ってもらえるんだぜ。

車検切れのバイクでも買い取りは原則OK!

多くの買取業者では車検が切れているバイクの買取も受け付けている。

むしろ車検が切れたまま売ることを勧めている業者もあるくらいだから心配はいらないぞ。

なぜ車検切れでも構わないのかというと、多くの買取業者は自社で車検ができるので、買い取った後に自分の所で車検の手続きをすると、費用も手間も大してかからないからなんだ。

車検切れのバイクよりも車検まで残存期間があるバイクの方が高く売れるのは間違いないが、個人で車検をしようとすると少なくとも3万~5万は負担しなければならない。故障や不具合が見つかればもっとかかるだろう。

しかし、その車検代の額以上に高く売れるようになるわけではないんだ。さっき言ったように個人で車検するより、業者が自社でする方が安くつくからな。

だからいっそ、切れたまま売ってしまった方が得ってことになるんだよ。

店に持ち込んで買い取ってもらう場合、車検が切れていると公道を走れないから難しいと思うかもしれないが、出張買取サービスを利用すると、運ぶのは業者がやってくれるから問題ない。

そんなわけで、車検切れのバイクでも普通に売れるから、価格交渉のときは今まで教えた通り、強気で攻めて大丈夫だ。

中には車検切れを理由に不当に価格を下げて提示してくる業者もいるかもしれないから気をつけろ。少なくとも2、3社で見積もりを取って比較した方が安心だろうな。

あくまでも車検前に売るのが原則

車検が切れていても大丈夫って話をしたが、原則的にはやっぱり車検前に余裕を持って売ったほうがいい。

うっかり切れてしまっていた場合は仕方がないが、残存期間がある方が高く売れるのは間違いないんだよな。

ちなみに、車検前ギリギリで売ると車検切れと同じ扱いを受けることもあるから注意が必要だぞ。

買い取ってから整備や修理をしている間に車検が切れてしまうなんてこともあるから、業者だって期間には余裕を持っていたいものなんだ。

結局のところ、バイクを売ろうと思ったらやっぱり早いとこ行動に出るのが一番ってことだ!

愛車を手放して後悔しない!バイク買取業者を比較
愛車を手放して後悔しない!バイク買取業者比較