HOME » バイク買取を依頼するときのコツを伝授! » 悪徳業者にだまされない!優良買取業者の見分け方

悪徳業者にだまされない!優良買取業者の見分け方

ここでは、バイク買取の業者が、優良か悪徳かどうかの見分け方や、トラブルの事例なんかを紹介していくよ。

どう見分ける?バイク買取の優良と悪徳業者

バイク買取のトラブル事例

正直言って、バイクの買取に関するトラブルってのは、それこそ山のようにあるんだ。一番よく聞くのは、出張査定を依頼したら、あまりに低い金額を提示されて「それなら売らない」というと、売るまでずっと居座られるってパターンね。

ちょっと前までは、それこそ名の知れた大手とかでもあったらしいぜ。でも、最近はそうしたケースもかなり減ってきてるんだって。

理由は企業コンプライアンスの強化

実は2013年に、『特定商取引法』ってのが改正されて、出張買取で強引に買い取るまで食い下がる行為が違法とされたんだ。だから、もし査定に納得できないなら、お宅には売らないとキッパリ告げて、家の中に引っ込んじゃえばOK。それでも居座るのなら110番しちゃえばいいのだよ(笑)。

また、売らないとなった場合に「こっちもガキの使いじゃない」とか言って、出張費用を請求してくるパターン。これは、依頼する前に、パンフレットやホームページをしっかりチェックすること。「出張査定無料」とあって、但し書きもないようなら、毅然と拒否しよう。

逆に言えば、出張査定を無料としていない、あるいは納得できる理由が書かれていない(例えば遠方の場合は幾らとか)が記載されていないような業者は、はじめから依頼しないようにするのがいいよ。

信頼できる業者を選ぶときに注意すべきこと

業者選びの注意点をまとめてみたぞ。

業者の実績を見る

やっぱり信頼できる業者かどうかを見分けるのは、なんといっても実際にその店が長くやってるかどうかがポイント

過去のニュースでは、某メーカーの正規ディーラーが、創業3年たらずで客からのバイクごと夜逃げしたこともあった位だしね。逆に、長くやっている店はそれだけ信頼や実績があるということ。もちろん、新しい店だからダメとは言い切れないけど、その善し悪しを判断するのはなかなか難しいんだ。

知識と経験も身につけること

もうひとつ、俺の体験談で「この店はダメだ」と思ったエピソードをひとつ。

今からもう15年かそこら前のハナシだけど、当時乗ってたバイクの出張査定を依頼したら、明らかに経験の少なさそうな若造。

嫌な予感が的中し、挨拶もせずに、車両の外観だけを見て回り、エンジンすらかけずに提示してきたのは明らかに相場以下の金額。「舐めた真似してんじゃねーよ」とこんこんと説教してやったら、すごすご帰っていったけどね(笑)。

でも、これはそれなりの知識と経験があったからできたこと。出張査定に出すときは知識がないと、痛い目見る場合もあるから気をつけるんだ。もし、査定の経験が浅く知識にも自信がない人には、来店査定をおすすめするぜ!

愛車を手放して後悔しない!バイク買取業者を比較
愛車を手放して後悔しない!バイク買取業者比較