HOME » バイク買取を依頼するときのコツを伝授! » 原付をできるだけ高く売ろう~季節との関係性~

原付をできるだけ高く売ろう~季節との関係性~

原付を売る方法

原付を売る方法としてよく聞くのが、ネットオークションで売るという方法だ。確かにネットオークションを利用するメリットは、沢山あるから適した売却方法といえるだろう。でも確実に売れるか、すぐ買い手がつくか、こういった点を考えると不安も残る。

特に、原付だったらネットオークション以外でもやすく、信用ある店舗ですぐに入手することは十分に可能なんだ。だから、ネットオークションに出品しても、自分の希望額で購入してくれる人がいるとは限らないのさ。

もちろん、格安だったら買ってくれる人もいるぜ!でも問題は自分がその格安の値段で売ることに、納得できるかどうかだってことだ。

原付はどこでも間違いなく売ることができる!でも自分が妥協できる値段となったら場所は限られてくるんだ。

高価買取を望むなら買取業者を利用する

高価買取を望むなら、おすすめはバイク買取業者に限る。

バイク買取業者では毎日多くのバイクを売買しており、それだけ多くのバイクが市場に出回っている。中古バイクの流通台数は、2015年時点で年間63万台を超えるというから驚きだ。

市場動向からも分かるように中古バイクの在庫確保は、買取業者にとって存続をかけた重要な業務になるんだ。そしてバイク業者はひとつだけじゃない。企業の規模を問わず考えると、会社名だけでも思い浮かぶのがいくつかあるはずだぜ。

特に、大手バイク業者は大手同士で熱いバトルを繰り広げている。このバトルで勝つためには、バイクを仕入れてドンドン売っていかなければいけないんだ。だからバイクの買取強化をして、できるだけ多くの人が自分たちの店でバイクを売ってくれるように対策をしているのさ。

この対策のおかげで、それなりにバイクを仕入れることができるようになっている。でも、これは自分たちが、他の業者よりも高く買取らなければできない手法なんだ。

つまり、大手バイク買取業者は、原付バイクを高く買ってくれる可能性が高いということになるぞ。だから原付の買取は、意外と大手バイク買取業者が狙い目なんだ。価格以外でも大手という安心感もあるから、売却先としては問題ないだろう。もし見積もりをとるなら絶対に忘れちゃいけない存在だぜ!

また、自分がバイクを購入した業者か、ディーラーで売るという選択肢もある。その中で、できるだけ高く買取ってくれる場所を見つけようじゃないか。

原付を売る際に必要な書類

原付を売る時にはいくつか書類が必要になることを知ってるかい。この必要書類を忘れてしまったら、原付を売ることはできないから、しっかりと覚えていってくれよな!

まず1つ目は身分証明書だ。これは運転免許証や保険証でも大丈夫。

2つ目は銀行口座。この銀行口座にバイクを買取ってもらった後に現金が振り込まれるんだ。だから口座番号はしっかりと間違わないように伝えるように気をつけてくれよな。

3つ目は印鑑。この印鑑は原付を譲渡する際の書類に使うぞ。この印鑑を押さなかったら前に進めないから忘れず持ってくるようにしよう。

4つ目は標識交付証明書だ。この証明書には原付に関する情報が記載されているぞ。

最後に自賠責証明書だ。もし自賠責が切れていた場合は、持ち込み査定をすることができないから注意しよう。

でも、家で眠っているようなバイクは、自賠責が切れているものがほとんどだ。もし残っていたとして、エンジンが動かなくなっていることも少なくない。

もしそうだとしても諦めることはないぜ!そんな時は出張査定を依頼するのさ。そうすれば一件落着だぜ。

買取の際に気になるPOINT

家に眠っているバイクは、決して自分名義のものとは限らない。ケースとして多く見られるのが、祖父が生前愛用していたバイクが捨てきれず、そのまま残ってしまっているパターンだ。家族がバイクを残して、実家を離れたというケースも多い。

自分以外の名義になっているため、バイクの買取ができないと思っている人も少なくないようだ。しかし、結論からいわせてもらうと、バイクの名義が自分以外だったとしても、名義変更をせずに売却ができる!これがもし友達のバイクだったとしても売却可能だ。

だが他人名義の場合は、必要書類が変わるからそれだけは覚えておいてくれよな。ちなみに必要書類は排気量によっても変わるぜ。126ccからは軽自動車届済証、251ccからは自動車検査証が必要だ。この必要書類はしっかり管理していないと無くしてしまうから気をつけよう。

もし紛失したとしても、所有者の住所と氏名でも売却自体は可能だから安心してくれ。必要書類は、バイクを売却する時に一番大切なポイントだから何が必要なものか忘れないようにな!

原付を売るなら計画的に!

原付を高く売る基本的な方法としては、まず大手買取業者から見積もりをとることだ。そして査定時には録音をしておこう。少しねちねちした印象を受けるかもしれないが、これは原付を計画的に売るために必要なことなんだ。他にも、査定員との交渉で粘ることが大事だぜ。

根気強く値上げ交渉をすることで、査定員も流石に押し負けること間違いなしだ。査定員はロボットではなく人間、つまり話が通じるのさ。だから、粘り強く話し合う価値があるんだぜ。

もし査定価格に納得ができなくても、売らないという選択肢を選べばいいだけだ。また、次に査定をお願いする場所で粘ればいいだけさ。

このような作業を手間と感じる人も少なくないだろう。仕事をしている人の場合は、買取交渉に休日を費やしてしまうこともある。こういった手間を解消したいのであれば、ネットでの一括査定がおすすめだ。この一括査定なら、クリック1つで高く買取ってくれる業者がすぐ見つかるはずさ。

しかし、買取価格を高くするなら、直接交渉が圧倒的に有利だ。時間や気力が許す限り、買取査定は対面でやったほうがいいだろう。

売る時期によって原付の価格は変化する

意外に思う人も多いかもしれないが、バイクは時期によって買取価格が違ってくる。原付にも高く売りやすい時期があることを、知ってる人はそこまで多くはないはずだぜ。ちなみに、原付が売れやすい時期は3月と4月だといわれている。

なぜこの時期に売れやすいかというと春休みやGWがあるからだ。

原付が一台あるだけでも行動範囲はかなり広がるから、高校生や大学生が遊ぶために購入することが多いのさ。それか通勤用に新社会人が購入することもあるぜ。なんだかんだ、原付は使い勝手がめちゃくちゃ良いから利用者も多いのさ!

新生活シーズンや大型連休に前に売り出すためにも、メンテナンス期間を考慮した3月~4月は買取の需要が高くなる。原付を売るなら、この時期を狙おう!

ちなみに、冬には売らないほうがいいぞ。特に12月~2月は、購入者が特に少なくなるため買取価格もやすく見積れるんだ。原付を売る時は12月~2月は避け、3月~4月を狙おう、不思議なことに、この時期以外だと原付の売却価格はあまり変わらないといわれているぞ。

愛車を手放して後悔しない!バイク買取業者を比較
愛車を手放して後悔しない!バイク買取業者比較