HOME » バイク買取を依頼するときのコツを伝授! » バイクを買取ってもらう前に相場をチェック!

バイクを買取ってもらう前に相場をチェック!

バイクの買取相場を知っておくべき理由

バイクの買取相場を理解していなかったせいで、売却時に損してしまうことってあるよな。

実際に相場が分からないと、自分がバイクを売った時の値段が高かったか低かったかが分からないものさ。だからベストな判断ができたかもどうか分からなくて不満を感じてしまうんだ。

しかし、相場が分かっていれば、このような煩わしい問題も起きないぜ。バイクの買取相場は車種や走行距離、バイクが綺麗かどうかなどの状態で決まってくるぞ。

他にも、カスタムされているものよりも、ノーマルの状態を維持しているバイクのほうが人気があることもあって、高く売却できる可能性が高かったりするんだ。走行距離があまり変わらない同車種のバイクでも、買取価格に大きな差が出てくることがあるから注意してくれ。

バイクの買取相場を知っておけば、売却時に相場以下で買取させることなく、相場以上で買取ってもらうことも可能だぜ。相場以上の価格で買取ってもらうには、自分が相場を知ることが必要不可欠なんだ。

バイクを売るなら買取と下取りのどっちを選んだほうがいい?

下取りの特徴

下取りは、新車から今持っているバイクの価値分を差し引いたものさ。

例えば、100万円で新車を買う場合。今保有している車の下取り価格が20万であれば、新車を80万円で購入することができるんだ。

この下取りの良いところは、新車の商談と一緒にできるという点だよな。商談中に査定をしてもらえるから、スムーズに商談をすすめていくことができる。買取に時間がかかり、目当てのバイクが先に買われてしまうような心配もなくなるんだ。

下取りは買取価格が割安になってしまう傾向にあるが、新車を購入する予定があるのなら、下取りという選択肢を選んで間違いないはずだぜ。

買取の特徴

バイク買取の良い点は、なんといっても買取額の高さだ。

下取りと違ってバイクを高く売ることができるのは魅力的だ。複数社から見積もりをとって、買取価格を見比べてみよう。買取価格に差があることが分かるはずだ。

一番高く買取ってくれそうなところが見つかれば、後は買取ってもらうだけだぞ。

買取は金銭的なメリットが大きいが、下取りと違い手間がかかりるのはネックだ。というのも査定をしてもらうから、幾つかの業者へ行き商談をしなければいけないんだ。

高く売却できる可能性がある反面、それなりの時間と労力が必要だぞ。

下取りと買取にはそれぞれメリット・デメリットがあるけど、目的に合っていればそのメリットも対して気にならないぞ。面倒くさいことを避けたい人は下取り、少し苦労してでも高く売りたいという人は買取を選ぼう。

バイクの買取相場をチェック

【排気量別の査定額】

原付 125cc 126cc~399cc 400cc以上
0~50,000円 40,000円~60,000円 70,000円~90,000円 10,000円~200,000円

排気量だけでも、査定額に違いがあることが分かっただろ?もちろん、バイクの状態によっては、買取相場よりも安くなる可能性があるから注意してくれ。

ちなみに査定をしてもらう場合は、身分証明証や印鑑が必要になるぞ。他にも車検証や自賠責保険証明書とか必要だ。身分証明書も必要だが、バイク乗りなら運転免許証があるから心配ナシだな。

バイクの買取が完了すれば、1週間以内には指定した口座に約束の現金が振り込まれるはずだ。

買取価格を落とさないコツ

バイクを1円でも高く買取してもらうためには、1秒でも早く査定にだすことが重要だ。

特に乗らなくなったバイクは、そのままで放置すると凄い早さで劣化してしまう。サビついてしまったり動作に不具合が出たりすると、買取価格も一気に下がってしまうんだ。状態によっては、査定価格すらもつかなくなるケースもあるから気をつけよう。

また、バイクには税金や車検も発生する。これらの費用もバカにはならないから、余計な出費が発生する前に売り払ったほうが賢明だぜ。

バイク買取の査定基準

バイク査定は、減点方式でやるのが一般的だ。

10点満点となっていて、10点~9点が新車。8点~6点が新古車。それ以下は中古車と分類されている。ここでは査定時に、重点的にチェックされるポイントを解説するぞ。

重要度★★★ 外装

査定士が重点的にチェックする箇所が、外装とサスペンションだ。ハンドルやフロントフォークといったバーツは、プロにかかれば一発で転倒の有無が分かる。

立ちゴケでついたような小さなキズなら、大きなマイナス要素にはならないが、フレームが歪むほどの状態だと買取価格にも大きく影響する可能性がある。

転倒歴の有無は、それだけ大きな審査基準になるんだ。今所有しているバイクに転倒歴がなければ、査定額も高めに設定されることが望める。もし、数回転倒させてしまった場合は、どれだけごまかしても査定士にバレてしまうから観念するしかないぞ。

ハンドルグリップを取り替えても様々な要素から査定士は転倒歴を見つけ出してしまうから恐ろしいよな。だから、今バイクを所有しているなら、ごまかす方法を考えるよりも、いかに転倒させないようにするかに重きをおこうぜ。

また、転倒歴がなくても、カスタムパーツを装着しているとマイナス査定になることがある。純正パーツを持っているなら、査定時に一緒に渡しておこう

重要度★★☆ エンジン周り

次に、エンジンの状態だ。

エンジンの調子がおかしくなると、変な音が鳴るようになっちまう。この異音や、エンジンコンディションをチェックした上で、査定額を判断していくんだ。

たとえ、エンジンが動かない場合でも、査定価格がつく場合がある。エンジンの不動にも、プラグの劣化といった軽度のものから、エンジンがオーバーヒートした重度のものまで原因は様々だ。

査定士はこういった原因を特定し、修理にかかる費用などを逆算して査定をつける。だから、エンジンが動かないからといって、買取を諦める必要はないぜ。

バイクの心臓部でもあるエンジンは、日ごろから手入れしておくことで査定評価は高くなる。こまめなメンテナンスを心がけることが、買取相場よりも高く売却するコツなんだ!

自分で買取相場を計算してみる

自分が今所有しているバイクの買取相場を調べるなら、まず中古販売価格を調べよう。

ちなみに、中古バイクでは、小型バイクは約30%、中型が約20%、大型が約15%の利益がとれるように価格設定がされている。

つまり、小型バイクであれば、中古販売価格から30%引いた金額で買取されることになる。60,000円で販売されている小型バイクがあるとしたら、40,000円の査定価格がついたということだな。

もちろん他にも様々な要素があるから、実際は30%以上引いた金額かもしれない。だが、こういった情報は交渉材料として使えるので、査定前に調べておいて損はないはずだ。

湘南を走った年代物のバイクの高額買取6例

バイクだって車だって、基本は古くなればなるほど買取価格は安くなってしまうもんだろ。でもな、中には人気があって古いものでも高値で取引されているレア車もあるから要チェックだぜ! 俺が厳選した人気車種を紹介するから、持ってる人は早速査定を依頼してみてくれ。

ホンダCBX400F

1981年頃デビューして一世を風靡した、言わずと知れた名車だ。並列4気筒DOHC4バルブのエンジンで、出力は当時クラス最高の48ps/11000rpm。車両重量は189㎏。ライバル車を圧倒する高性能とスタイリッシュさで、発売と同時に爆発的にヒットしたんだ。旧車の中でも正統派って言えるかもな。

今でも根強いファンが多くてカスタムベースとしての人気が高いから、1980年代前半の年式のものでも100万円~320万円くらいで販売されているぜ。買取価格は前にも言った通り、その20%引きくらいを見込んでおいてくれ。

カワサキZ400FX

フェックスっていう愛称で一大ブームを巻き起こした事は、若いバイク乗りで知っているヤツも多いかもしれないな。

1979年のデビュー当時は中型免許で乗れる4気筒のバイクは珍しかったから、買い求めるライダーが殺到したんだ。新車当時の価格は385,000円くらいだったかな。 中古市場だと、だいたい65万円~270万円くらいで販売されているぜ。ただし、こいつは改造車として人気だったせいもあって、ノーマルに近い状態で残っている車体が少ないんだ。

もしノーマルの状態で持っていたら、かなりの高額買取も期待できるから、一度調べてみるといいぜ。

カワサキZ1

量産車で世界初のDOHCエンジン搭載車として、1972年に鮮烈なデビューを飾った歴史に残る名車だ。エンジン性能だけじゃなく、耐久性にも優れていてアメリカやヨーロッパで大ヒットしたんだ。排気量が900cc、当時はナナハンより大きなバイクは国内販売されなかったから、全車が逆輸入車ということは知っておいた方がいいな。

中古市場の相場は110万円~500万円台ってとこかな。特に72年の初期型は高価格で取引されているから注目だぜ。国内向けに作られたZ2も人気が高いので、合わせてチェックしてみてくれ。

ホンダNSR250R

こいつは走り屋に人気のレーサーレプリカで、1986年~90年代までに製造されていたんだ。最強のワークスレーサーNSR250のレプリカだ。平均価格は70万円台だが、2ストローク車は今のところ新車では存在しない。その上、当時の走り屋に大人気だったのでカスタムされたり、酷使されたりした個体が多いんだ。状態が良ければ買取価格も高くなるぜ。

スズキGS400

1976年に発売され、当時スズキでは初めて400cc4ストロークDOHC直列2気筒エンジンを採用したモデルだったんだ。正直、発売当時の人気はイマイチだったんだが、漫画「湘南爆走族」の主人公、江口洋助の愛車だったり、最近の絶版車ブームで急に注目が集まってるんだ。 価格は75万円~100万円くらいで取引されているぜ。

まぁあまり出回っていないから希少性はかなり高いわけだな。 カスタムされているものがほとんどだから、極端なカスタムでなければ価格にはそれほど影響しないようだ。

ヤマハTW200

1987年に発売された通称「ティーダブ」。バルーンタイヤっていう極太のタイヤが特徴のダートトラッカーだ。北極点到達チャレンジのベースマシンに使われたこともあるんだぜ。

街乗り用にカスタムするのが流行ってたな。ホンダのFTRと合わせてストリート・カスタムっていう新しいバイクの楽しみ方をつくったといってもよい。そういう意味じゃ歴史に残るバイクだ。

また2000年にキムタクがドラマで乗ったのがきっかけで再ブームが起こって、一時期は納車数カ月待ちだったって話だ。

最近まで多く出回ってたこともあって、価格は15万円~40万円ってとこだな。当時のカスタムブームに乗っかってテキトウなカスタムパーツを取り付けられているバイクは、査定に響いちまうので覚悟が必要だ。

もっとも、TW200のカスタムを専門に扱う店もあるし、逆にノーマルのままのやつは珍しいから意外なほど高値が付く場合もあるぜ。

これを売るなら業者選びは慎重にやった方がいいな。 買取業者に査定してもらって相場と比較する 確実に査定額を知りたいという場合は、出張査定をおすすめするぜ。出張査定なら、自分がわざわざバイクを持っていく手間が省けるからな。

また、現物査定ならキズやエンジンの状態を細かく見てもらった上で、より具体的な査定価格を提案してもらえる。その中で、一番高値をつけてくれそうな業者へバイクを売れば完璧だ!

愛車を手放して後悔しない!バイク買取業者を比較
愛車を手放して後悔しない!バイク買取業者比較