HOME » バイク買取を依頼するときのコツを伝授! » 一度盗難されたバイクを買取するときの注意点

一度盗難されたバイクを買取するときの注意点

一度盗まれたバイクを買い取りしてもらう時のポイント

残念ながら愛車が盗まれてしまうこともあるよな。ここではそんなときの手続きや注意点について説明していくぜ!

バイクを盗難されたらどうする?

車と違ってバイクは持ち運びが楽だから、盗難に遭う確率が尋常じゃなく高いんだぜ。

日本国内では、年に10~20万件もバイク盗難事件が起こってる。ざっくりした確率で言うと、ライダーが10人いたら1人はバイクを盗まれた経験があるってことさ。

他人事だと思って油断してると、痛い目に遭うぜ。

だけど、不運にも自分のバイクが盗まれたら取るべき行動が2つあるから紹介しておく。

1.警察に通報し、事情徴収に応じる

盗難されたと分かったら、すぐに警察に110番だ。

間違っても、通報せずに自分で犯人を見つけようとするなよ。バイク盗難は海外のプロ窃盗集団が関わっていることも多い。盗まれた直後で犯人が近くにいた場合でも、こっちが下手に騒いでしまえばひどい目に遭わされる可能性がある。場合によっちゃ命も危ういだろう。

落ち着いて通報したら、最寄りの警察署で被害届を出すんだ。

ちなみに、壊されたロックとか盗難現場の様子が分かるものがあれば、警察署に向かう前に写真を撮っておくのもいいだろう。

被害届を出すと、事情聴取もされることになる。時間はかかるし面倒だが、後々のためにもちゃんと対応することだ。

名前や年齢、職業、住所、連絡先とか、自分のことを一通り聞かれるから正確に答えよう。あとは盗まれた場所とか、バイクの車種や色、模様とか特徴があれば伝えるんだ。個性が強くて特徴的なバイクだと、すぐに見つかってほぼ無傷ってこともたまにあるからな。

時間と手間はかかるがこうやって被害届を出しておけば、バイクが見つかった時には取り返せるぜ。

2.バイクを登録した地域の自動車検査登録事務所で、一時抹消登録をする

警察に通報して事情聴取も終わったら、できるだけ早いうちに自動車検査登録事務所で盗難車の一時抹消登録をするんだ。これをやらないと、盗難されているのに税金だけかかっちまうからな。

125cc以下のバイクなら、軽自動車検査協会で課税保留の手続きをしておくことを忘れずにな。

盗難されたバイクが見つかったらどうする?

盗まれたバイクが見つかる確率は低い。10%以下って言われてるんだ。

しかも盗まれたバイクは大抵、見つかる頃にはバラされてめぼしいパーツを一通り取られ、抜け殻みたいになってることがほとんどさ。

けど、たまに盗まれたバイクが元気な姿で見つかることもある。

もし警察が見つけてくれた場合は、警察から連絡が入るから指示に従って引き取りに行こう。

それが確かに自分のバイクなら、一時抹消や課税保留を解除して車両を再登録する。これで事件解決だ。

滅多にないことだが、もし盗難されたバイクを発見したのが自分だったとしても、警察に連絡しないで触るのは御法度だぞ。本当に自分のバイクだとしても、その時点ではまだ盗難車両であることに変わりはないんだ。

そのまま持って帰ったりしたら、窃盗犯と間違われて誤認逮捕もあり得るからな。

一度盗難されたバイクを買い取ってもらう時の注意点

盗難されたバイクが見つかる可能性自体、限りなく低い。そして、バイクが痛め付けられる前に見つけられる可能性は、ほとんどないと言えるくらい低い。

無残に傷つけられた愛車は、大抵の場合手放すしかないだろう。元気なままで帰ってきたとしても、犯人にどう扱われたか分からない。無念だが、売却を考えることが多いだろう。

一度盗難されたバイクを買い取ってもらう場合は、被害届が取り下げられていることと、一時抹消や課税保留の手続きを解除したことを確認しておこう。

愛車を手放して後悔しない!バイク買取業者を比較
愛車を手放して後悔しない!バイク買取業者比較